HOME > 学科・コース > 農業環境工学科
学科・コース
       

生物生産科学科は、平成25年4月より、生物資源科学科及び応用生命化学科に改組しました。

農業環境工学科

環境と調和した農業システムや豊かで美しい田園空間の創出

人類の持続的な生存のために環境を学び、環境を科学する

 “入口より出口”でキラリと光る学科。それが農業環境工学科です。私たちはどこよりも教育に熱心と自負しています。意欲を持った学生の能力を最大限に引きだすために、学生と教員が協力して教育の改善に取り組み、特色ある専門教育プログラムを用意しています。このプログラムは世界水準として認められ、卒業生は「技術士補(修習技術者)」の資格を得ることができます(日本技術者教育認定機構JABEEによる審査・認定)。また、この学科は世界で、国内で活躍する多彩な教授陣から構成されており、この分野では国内ランク2位の評価を得ました(「環境・バイオの最前線─大学・研究者ランキング」河合塾編・角川書店)。環境の創造・管理・評価、持続的な食料生産の確保、再生可能エネルギーやバイオマス資源の利用に関するエンジニアリングを学びたい人には、最適な学科です。

インドネシア・ジャワ島での
河川流域水環境管理に関わる水質調査
Field Server(圃場情報取得装置)を
活用した再生可能エネルギー予測シュミレータ

取得可能な資格・免許

  • 技術士補(修習技術者)
  • 測量士補
  • 高等学校教諭一種免許状(農業)
  • ビオトープ管理士(一部免除認定校)

主なカリキュラム(一部抜粋)

1年


【学科必修科目】
・農業と環境の科学
・生物資源の科学
・コンピュータデータ処理
・環境工学セミナー
・応用数学
・流体力学
・基礎物理学
・システム工学
・熱力学
・地域生態学、その他

【専門科目】
・農村計画論
・水資源計画論
・制御工学
・圃場機械学
・土壌物理学




・農学部コア実習
2年
3年 【専門科目】
・環境アセスメント論
・農村エネルギー学
・生物環境物理学概論
・資源リサイクル論
・技術者倫理
・農地工学
・有機廃棄物管理工学
・生物生産システム工学
・水質環境工学
・調製加工工学
・ 測量実習
・ 生物生産機械・環境工学実験
・ 土壌・土質実験
・ 水理・水質実験
4年
卒業論文
ページトップへ