HOME > 農学部について > 農学部長からのメッセージ
農学部について
農学部長からのメッセージ

農学はおもしろくて役に立つ!

 宇都宮大学農学部は、その前身である宇都宮高等農林学校が1922年(大正11年)に設立されてから、2022年に100周年を迎えます。建学以来「実学」を大事にする精神を尊び、輝かしい数々の業績を国内はもとより世界に発信し続けて参りました。
 農学は、食料と生活資材、生命、環境を対象とし、グローバルかつ地域性を重視しつつ、生物資源の探索・開発・利用・保全、農林水産分野の生産基盤システムの高度化及び農林水産分野の多面的機能の保全・利用の実現を目的とする学問であると定義されています。生命をより健やかに育み、豊かな生活に応用する学問、地球環境の持続性を科学する学問とも言え、社会からのニーズが高く、注目を集めている、「おもしろくて役に立つ!」分野です。
 農学部のキャンパスは、栃木県の県庁所在地宇都宮市に位置しています。宇都宮駅から約2㎞と近く都会と田舎の両方の良さを持ち合わせた生活しやすい街です。また、栃木県は、農業産出額が全国9位で、いちご、もやし、二条大麦、かんぴょう、うどは全国1位、生乳とにらは全国2位を占める農業県でもあり、私たち農学部は地域とも密接に結びついて研究を進めています。
 皆さんを迎え入れる学部教育は、生物資源科学科、応用生命化学科、農業環境工学科、農業経済学科、森林科学科の5つの柱を備え、幅広い農学分野に対応した教養と専門知識が身に付けられます。また大学院は、2019年4月より「地域創成科学研究科」を発足させ、従来の専門分野を超えた幅広い学問分野を連携・融合し、新しい社会デザインやイノベーションを創造できる人材育成を推進しています。さらに、博士課程は、茨城大学、東京農工大学と3大学で力を結集し、教育研究面で世界トップレベルの農学研究を遂行する連合大学院を設けています。このように、学部→修士→博士と一貫して皆さんは最高レベルの教育研究に接し、学ぶメニューが揃えられています。
 農学部は、学部約900人、修士・博士で約150人、教職員数115名と合計で1200名弱の皆さんが、知の拠点としての教育研究活動に励んでいる組織になります。学びの集大成である、卒業論文は一人の教員に対して配属数は2~4名です。学生の皆さんからは、「先生との距離が近い」「相談しやすい」「自分の居場所を見つけやすい」「高度な専門教育が受けられる」、「自分の能力を高められる」との意見を頂いています。
 大学は、自分の新しい可能性を発見できる素晴らしい場所です。農学部は、1人、1人の個性を大事に育てます。お任せください。このような魅力あふれる農学部に是非、皆さんに加わって頂き、未来の農学を一緒に築いていきませんか!皆さんの若い力を、私たちは求めています。

農学部長 齋藤 高弘
(さいとう たかひろ)

 

 

 

ページトップへ