JP/EN

沿革

  • 大正11年10月
    宇都宮高等農林学校(農学科、林学科、農政経済学科)の発足
    昭和19年4月
    宇都宮農林専門学校と改称
    昭和24年5月
    新制大学として、宇都宮大学発足。農学部(農学科、林学科、農業経済学科、畜産学科、農業工学科、農芸化学科)発足
    昭和26年3月
    宇都宮農林専門学校廃止
    昭和30年7月
    農学専攻科(農学・林学・農業経済学・畜産学・農業工学・農芸化学の6専攻)設置
    昭和41年4月
    大学院農学研究科(農学・林学・農業経済学・畜産学・農業開発工学・農芸化学の6専攻)修士課程設置
    昭和42年6月
    農学部附属雑草防除研究施設設置
    昭和58年4月
    峰地区・清原地区の農場を閉場、新附属農場(真岡市下籠谷地区)発足
    昭和60年4月
    東京農工大学を基幹大学とし、茨城大学・宇都宮大学を参加大学とする東京農工大学大学院連合農学研究科(博士課程)発足
    平成3年4月
    生物生産科学科、農業環境工学科、農業経済学科、森林科学科の4学科からなる、10大講座、2附属施設に改組 雑草防除研究施設は雑草科学研究センターとして学内共同教育研究施設に転換
    平成7年4月
    大学院農学研究科(生物生産科学、農業環境工学、農業経済学、森林科学の4専攻)修士課程改組
    平成11年4月
    雑草科学研究センターは野生植物科学研究センターに改組
    平成13年4月
    遺伝子実験施設の設置
    平成16年4月
    国立大学法人宇都宮大学
    平成18年6月
    雑草科学研究センター設置(野生植物科学研究センター改組)
    平成20年3月
    バイオサイエンス教育研究センター設置(遺伝子実験施設、放射性同位元素実験室改組)
    平成21年7月
    農学部附属里山科学センター設置
    平成25年4月
    生物資源科学科及び応用生命化学科設置,生物生産科学科廃止
    平成26年4月
    雑草と里山の科学教育研究センター設置(雑草科学研究センター、農学部附属里山科学センター改組) バイオサイエンス教育研究センター改組(雑草科学研究センター改組、バイオサイエンス教育研究センター再編)
    平成31年4月
    地域創生科学研究科修士課程設置(国際学研究科修士課程、教育学研究科修士課程、工学研究科修士課程、農学研究科修士課程廃止)