トップページ教員紹介松本 浩道

松本 浩道

氏 名 松本 浩道
(MATSUMOTO Hiromichi)
所属・職名 農学部生物生産科学科
動物生産学講座
動物育種繁殖学研究室 准教授
生年月日(出身県) 1967年8月23日 
(東京都)
最終学歴 東北大学大学院農学研究科
博士後期課程中退
東北大学農学部畜産学科
学位 博士(農学)

自己紹介

動物の発生と生殖の仕組みを明らかにするとともに、発生工学的手法を開発し、優良家畜などの増産に貢献することを目標としています。具体的には、卵子の減数分裂再開から受精、初期胚発生、着床と妊娠の成立の分子機構の解明などを行っています。  受精にしても着床にしても、異物同士が限られた時間だけその能力を獲得および許容し、その時期に出会えたもののみが個体へと発生していくことが可能になります。この雌雄、親子の相互関係の仕組みと不思議の謎解きに取り組んでいます。  発生工学の進歩は動物産業だけでなく、生殖医療などにも多大な貢献をしています。その半面、卵子や胚発生、着床のメカニズムについては、まだまだ不明なことが多く残されています。発生の仕組みを謎解きながら、現在積み残しになっている低い発生能力の問題や安全面の不安などの解消に貢献していきたいと考えています。  趣味は身近な歴史探訪とドライブ。地酒めぐりも好き。美味しいものも好きだが、どちらかというとC級グルメかも。

専門分野

動動物生殖科学、発生工学

[ キャプション ]
研究テーマ 卵子の減数分裂再開から完了における分子機構
初期胚発生・分化と着床能力獲得
着床における胚と子宮の分子機構
ラット胚性幹細胞樹立の試み
研究発表 論文・著書等のリストはこちら
授業科目 実験動物学、資源動物学
学協会活動 日本畜産学会(若手企画準備委員)、東北畜産学会
日本繁殖生物学会(編集委員)、日本獣医学会
日本獣医解剖学会、日本哺乳動物卵子学会
日本受精着床学会(幹事)、日本生殖医学会
Society for the Study of Reproduction (USA)
アクセス Mail:matsu@cc.utsunomiya-u.ac.jp  Tel:028-649-5432 Fax:028-649-5431

ページトップへ