ロゴ
応用生命化学科事務室
峰キャンパス2号館A棟1階
開室時間:9:20~16:20(平日)
電話番号:028-649-5466
メール:seimei*cc.utsunomiya-u.ac.jp
学科概要

科目紹介

応用生命化学科の専門教育のカリキュラムは、 生化学、食品化学、微生物学、分子生物学、有機化学、および化学実験の科目からなります。

開講科目

必修・選択科目を合わせた一覧になります。
卒業には、これら以外にも基盤教育科目の履修が必要です。 また、一部の科目は他学科の学生と講義を受けることになります。

基礎化学実験と応用生命化学実験は写真で実験の様子をご覧いただけます。

1年次2年時3年次4年時
コア実習基礎化学実験I・II応用生命化学実験I・IIプレゼンテーション演習II
基礎化学演習I基礎化学演習IIプレゼンテーション演習I農業バイテク利用学
生物学(概論)食品化学専門英語演習農業経済学
生物学(細胞)高分子材料学高分子材料化学遺伝・育種学
基礎分子生物学分子生命科学I・II分子生理学植物分子生理学
基礎無機化学化学と生命食品衛生学動物生理学
基礎生命科学生物化学I・II食品生化学(総論)実験動物学
分析化学有機化学I・II食品生化学(各論)生物統計学
基礎有機化学食品加工論食と細胞の科学肥料学
微生物学食品免疫学植物病理学
無機化学応用微生物学植物栄養学
地学概論I木材化学工学土壌環境微生物学
物理学概説I・II天然物化学*公衆衛生学
基礎土壌学微生物工学
植物生理学生物有機化学
植物分子生物学代謝制御化学
*地学概論II栄養機能調節学
植物ウイルス学
*食品機能論
*公衆衛生学
*応用生命化学インターンシップ

*集中講義 


    
講義内容紹介(一部のみ)

講義名教員名講義内容
有機化学I二瓶 賢一アルカン、アルケン、アルキン、芳香族化合物、ハロゲン化アルキンおよびアルコールなどの比較的単純な有機化合物の構造と反応を、具体例を見ながら学びます。
基礎無機化学橋本 啓物質の基礎となる原子と分子、化学反応における量的関係、各元素の性質など無機化学の基本事項を学びます。
分析化学蕪山 由己人気体の状態変化、水に溶解した化学物質の結合や反応、pHなど、化学物質の分析について理解するために必須の基本原理を学びます。
生物化学I・II蕪山 由己人糖質、脂質、蛋白質や核酸の合成と分解が、どのようにしてエネルギー産生、生命活動の調節に結びつくのか、その根本原理を学びます。
分子生命科学I飯郷 雅之分子生物学的手法や遺伝子組み換え技術の基本について学びます。iPS細胞など最先端の研究についても解説します。
化学と生命飯郷 雅之化学と生命の関係について、自然科学のみならず人文科学、社会科学的側面から学び、化学技術が人間生活に果たしてきた役割と未来について考えます。
食品化学橋本 啓食品のおいしさを構成する要素である味、色、香りに関わる成分とその化学変化について学びます。
食品生化学東 徳洋食品成分はどのようにして体を維持し動かしているのか、生化学的あるいは分子生物学的な観点から学びます。
食と細胞の科学水重 貴文我々の体を構成する細胞が、食品成分をどの様に認識し利用しているのか、その基本的な原理を学びます。
食品免疫学山田 潔体内最大級の免疫機関である腸管における、食品による免疫調節機能について 基礎的・発展的内容を学びます。
微生物学前田 勇微生物の種類や分類、細胞構造、代謝などの基礎について学び、環境や微生物の有効利用について考える力を養います。
微生物工学前田 勇培養工学や化学工学、遺伝子工学の観点から、微生物の増殖や生化学反応、培養操作、有用性などについて学びます。
高分子材料化学羽生 直人高分子化学の基本を学び、日常生活において有用な素材として広く利用されている高分子材料の分子構造や性質の特徴を理解します。
木材化学工学金野 尚武再生可能なバイオマスである木材について、その組織や細胞、構成成分の構造や性質、微生物による分解、利用などについて学びます。