森林生態学・育林学研究室

Laboratory of Forest Ecology and Silviculture

研究室メンバー

博士課程1名、修士課程3名,学部4年6名

研究室の特徴

 森林樹木を主な対象として,森林が維持・更新する仕組みについて研究を行っています。特に,栃木と山形のブナ林やアジアの熱帯林に調査区を設け,長年にわたって,その中の樹木の成長・生残,結実周期,種子食性昆虫と結実周期との相互関係などを調べ,森林生態系の基本的な仕組みの解明に取り組んでいます。また,スギ・ヒノキ人工林や旧農用林などの人に利用されることで維持されてきた森林を,今後どのように育成していくのかといった実践的な課題や,遺伝解析を基にした森林植物の繁殖・更新様式の解明といった種生物学的な課題にも取り組んでいます。本研究室では,奥山から里山まで幅広い森林をフィールドとして,現場を重視した野外での生物の観察・実験と,室内での分析実験といった多面的なアプローチによって課題を解決する能力を身につけることができます。

研究テーマ

(1)自然林の更新過程の解明
(2)森林植物の生態,繁殖様式,地理的変異の解明
(3)森林生態系における放射能降下物の動態
(4)針葉樹人工林・落葉広葉樹二次林等の植生管理
(5)森林動物の生態と森林管理との関係の解明
(6)地域フロラ調査
(7)アジアの熱帯・亜熱帯林・温帯林の研究
(8)森林の病虫害の調査

研究室の活動

(1)毎週1回の研究室ゼミ:論文読解,植生・毎木調査法およびデータ解析方法の習得,卒論・修論研究
(2)公開植物観察会(3・4年生企画担当)
(3)学会参加(日本森林学会,日本生態学会,日本熱帯生態学会)
(4)季節行事:入室歓迎会(7月),修・卒業生追い出しコンパ(2月),卒業歓送会(3月)

過去の卒業・修士論文テーマ

(1)自然林の更新過程の解明
・栃木県高原山の長期観測固定試験地における太平洋型ブナ・イヌブナ成熟林の25年間の更新動態
(2)森林植物の生態,繁殖様式,地理的変異の解明
・屋久島における絶滅危惧針葉樹ヤクタネゴヨウの遺伝的多様性と集団遺伝構造
・太平洋側の一山岳における落葉性ブナ科5樹種の地域規模の豊凶パターンの空間的・時間的同調性と変動性
(3)森林生態系における放射能降下物の動態
・福島原発事故後の落葉広葉樹林における樹上枝葉から土壌への放射性セシウムの移行
・福島原発事故8年後の高原山におけるブナ大径木の樹体内での放射性セシウム分布
(4)針葉樹人工林,落葉広葉樹二次林等の植生管理
・高齢級コナラ林伐採後の実生と萌芽による複合更新
・高齢級コナラ林伐採7年後の実生と萌芽による更新経過
・高原県有林における人工林群状択伐後17年目の広葉樹天然更新経過
(5)森林動物の生態と森林管理との関係の解明
・福島・栃木県境のナラ枯れの推移と高標高域におけるカシノナガキクイムシの繁殖特性
・ニホンヤマビルの宿主動物のDNA同定と地理的遺伝構造から明らかになった近年の分布拡大要因と拡大範囲
・カメラトラップ法を用いたシカとカモシカの生息地選択
・船生演習林における天然生林の鳥類相とヒノキ人工林との比較
・船生演習林のカミキリムシ類相
(6)地域フロラ調査
・日光演習林のチャワンタケ目菌相
(7)アジアの熱帯・亜熱帯林・温帯林の研究
・ボルネオ島北西部におけるブナ科植物の垂直分布様式とDNAバーコーディング
(8)森林の病虫害の調査
・日光街道桜並木におけるサクラ類の材質腐朽病害の発生状況
・果樹と森林性樹種に対するクビアカツヤカミキリ孵化幼虫の寄主適性

関連講義実習科目

樹木学(同実習),森林基礎生物学,育林学(同実習),森林立地環境学(同実習),森林生態学,森林病虫害論など