特徴的実習内容

 複合型の教育環境が最大の特徴である一方で、それぞれの分野についても、他大学には無い特徴的な実習カリキュラムを有しています。たとえば、畜産分野では、今では多くの大学で廃止してしまった乳牛部門を酪農家に近い規模で有しており、この乳牛部門を活用した特徴的な教育カリキュラムを展開しています。食育分野においては、乳牛の給餌と搾乳、並びに全国的にもトップクラスの乳質を誇る搾りたてのミルクを活用した乳製品加工実習を、体系的かつ体験的に学習できます。また、生命科学分野においては、実験室で精子と卵子を用いた体外受精実験を行い、牛舎では体外受精卵の個体発生試験、妊娠したウシの子宮内胎子観察実習、生まれてきた産子の哺乳実習等を行っています。これらを連続的かつ体系的に実習できる附属農場は他に例をみないものです。また、作物分野における7.2haの広大な水田を活かした水稲関係実習、園芸分野における7.4haの敷地に展開する果樹園・野菜畑を活用した種類や品種をほぼ網羅した野菜・果樹の実習や温室などの園芸施設を活用した花き(観賞植物)の実習、機械分野における模擬運転実習や資源循環システム関係の実習についても、それぞれ他大学にない充実したカリキュラムとなっています。
 具体的な実習プログラムとして、以下のメニューを準備しています。


 5月から12月にかけて日帰りで10〜12回程度通って実施します。水稲等の食用作物と果樹(果物)、野菜、花や観賞植物などの園芸作物について、播種から収穫・出荷までの一連の栽培管理を季節毎に学びます。

 宿泊施設を活用して、2泊3日ないし3泊4日で実施します。野菜や果樹、花卉の栽培管理、果物や野菜の収穫、食用作物類の管理、大型農業機械の操作体験、ウシの飼養管理などを集中的に学びます。

 宿泊施設を活用して、1泊2日ないし2泊3日で実施します。乳牛への給餌、搾乳、子牛への哺乳、牛舎の清掃、ヒツジの毛刈り、乳製品加工実習等を体験的に学びます。

 1泊2日ないし2泊3日で実施する。実験室ではウシ体外受精や顕微授精などの生殖科学実験を行い、牛舎では人工授精や胚移植実習、超音波装置による子宮内胎子の観察実習などを行います。

実績

 平成28年度の参加実績は以下の通りです。大学名をクリックすると詳細にとびます。

     
参加大学名 実施期間 参加人数 参加コース
帝京科学大学 H28.8.28
H28.8.31
H28.9.5
151名 短期集中型総合食育実習コース
自治医科大学 H28.8.29~8.30  15名  短期集中型総合食育実習コース
帝京大学 H28.9.1~9.2 16名 短期集中型総合食育実習コース
女子栄養大学 H28.9.15~9.16 15名 短期集中型総合食育実習コース

武蔵野大学

H28.9.17~9.18 34名 短期集中型総合食育実習コース
日本女子大学 H28.9.24~9.25 10名 短期集中型総合食育実習コース
 神奈川県立保健福祉大学 H28.10.8~10.9 13名   
人間総合科学大学

H28.11.3~11.5

(H28.8.24 )

31名

短期集中型総合食育実習コース

(トランスレイショナルレクチャー)

東京聖栄大学 H28.11.3~11.5 1名 短期集中型総合食育実習コース

自治医科大学

【学科・コース等】
【参加コース】
【参加人数】
【実施期間】
【主な内容】

看護学部

短期集中型総合食育実習コース
15名(学部生14名、教員1名)
平成28年8月29日〜8月30日

<1日目>

酪農科学概論、ウシの飼養管理実習、

ウシの泌乳と搾乳、ウシの搾乳実習、学生交流会

<2日目>

生殖科学概論、ウシの生殖科学実験、ヒツジが活躍する医農連携最前線、

中動物手術室見学、ヒツジ胎子への細胞移植手術見学


帝京科学大学

【学科・コース等】
【参加コース】
【参加人数】
【実施期間】
【主な内容】

生命環境学部アニマルサイエンス学科動物看護基礎実習Ⅰ

短期集中型総合食育実習コース
50名×3班 教員2名(学部生150名、教員6名:計156名)
平成28年8月28日・8月31日・9月5日

附属農場概要と畜産分野の研究概要
乳牛とのスキンシップ、乳牛給餌。乳牛舎・和牛舎見学

女子栄養大学

【学科・コース等】
【参加コース】
【参加人数】
【実施期間】
【主な内容】

栄養学部保健栄養学科栄養科学専攻4年

短期集中型総合食育実習コース
15名(学部生12名、教員3名)
平成28年9月15日〜9月16日

<1日目>

酪農科学概論、生殖科学概論・実験、ウシ生殖科学実験、

ウシの飼養管理実習、ウシの搾乳実習、学生交流会

<2日目>

園芸学概論、

果樹(梨)収穫実習、乳製品加工実習


武蔵野大学

【学科・コース等】
【参加コース】
【参加人数】
【実施期間】
【主な内容】

工学部環境システム学科

短期集中型総合食育実習コース
35名(学部生34名、教員1名)
平成28年9月17日〜9月18日

<1日目>

堆肥と化成肥料、土壌特性診断実習、酪農科学概論、ウシの飼養管理実習、

ウシの搾乳実習(A班)、エコファーム見学(B班)

<2日目>

ウシの搾乳実習(B班)、エコファーム見学(A班)、
園芸学概論、果樹(梨)収穫実習、水稲栽培学概論、水稲収穫実習、
水稲調整実習


日本女子大学

【学科・コース等】
【参加コース】
【参加人数】
【実施期間】
【主な内容】

家政学部家政経済学科

短期集中型総合食育実習コース
10名(学部生9名、教員1名)
平成28年9月24日~9月25日

<1日目>

酪農科学概論、ウシの生殖科学概論・実験、ウシの飼養管理実習、

ウシの搾乳実習

<2日目>

園芸概論、果樹(梨)収穫実習、乳製品加工実習


神奈川県立保健福祉大学

【学科・コース等】
【参加コース】
【参加人数】
【実施期間】
【主な内容】

保健福祉学部栄養学科

短期集中型総合食育実習コース
13名(学部生10名、教員3名)
平成28年10月8日~10月9日

<1日目>

酪農科学概論、ウシ生殖科学概論・実験、ウシの飼養管理実習、

ウシの搾乳実習、学生交流会

<2日目>

園芸学概論、果樹収穫(梨・栗)実習、乳製品加工実習


人間総合科学大学・東京聖栄大学

【学科・コース等】
【参加コース】
【参加人数】


【実施期間】
【主な内容】

人間科学部健康栄養学科

短期集中型総合食育実習コース
31名(学部生22名、大学院生3名、教員6名)(人間総合科学大学)
   教員1名(東京聖栄大学)
計32名
平成28年8月24日(トランスレイショナルレクチャー)

平成28年11月3日~11月5日

<1日目>

作物学概論、水稲収穫・調整実習、ウシの飼養管理実習、
ヒツジ飼養管理実習(1班)、ウシの搾乳実習(2班)

<2日目>

ウシの搾乳実習(1班)、ヒツジ飼養管理実習(2班)、果樹収穫実習(梨)

ウシの生殖科学実験、学生交流会
中西先生:開発発展途上国における貧血改善を目指して

ナイトセッション(桑田先生:ヒトの腸内菌叢と栄養・健康の関わり)

<3日目>

ソバの栽培と加工、ソバ打ち実習、乳製品加工実習



共同利用拠点制度について宇都宮大学附属農場について|実習内容と実績| 

アクセスお問い合せ・お申し込み

個人情報保護について