概要

研究について

 天然物有機化学研究室では, 天然に存在する化合物の有機合成と生理活性評価を中心に研究活動を行っています. 有機合成は,化合物を人工的に作り出す学問で,化学の領域に分類されます. しかしながら,当研究分野は,化合物の生理活性も調べるため,生物よりな化学に位置づけられます.
 理学部,工学部や薬学部で,有機合成を行っている研究室はたくさんありますが, 地方の国立大学の農学部では,どちらかといえば,稀少な存在です.
 有機合成のターゲットとなる化合物は,そんなに複雑な構造を持つものではなく, 生理活性を示すことが予測される小分子です.基本的な生理活性の評価も,当研究室内で行っています.
 したがって,上の図に示すように,化合物をつくる,生理活性をはかる,さらに活性を強めるために,化合物の構造をかえる,という ループ型の研究スタイルで,新しい化合物を生み出しています. それらの新しい化合物は,医薬品,化粧品および農薬などの開発基盤分子になってくれればよいと願っています.
 天然物有機化学の歴史は古く,18世紀後半まで遡ることができます. 特に20世紀の中頃はこの学問の最盛期といっても過言ではなく, 様々な抗生物質やホルモンなどが発見され,人間の生活は一変し,寿命も飛躍的に伸びました.
 今でも菌類,植物および海洋生物から新しい天然有機化合物が次々と見つかっています. それらの中には現時点では実用性に乏しいものもありますが, 未来にどのような必要性が生まれてくるのか予測することは困難です. 例えば100年以上前に,抗ウイルス性物質が必要になってくると考えた人がいたでしょうか?
 有機化合物の必要性は,生化学,分子生物学や微生物学などの学問の発展とともに変化し続けるのです.
 皆さんが開発した新しい化合物は,仮に数年の内に実用化されなくても, 10年先,20年先,ひょっとしたら世紀を超えて,脚光を浴びることがあるかもしれません. 天然物有機化学は,そのような有機化合物の構造を決定した瞬間, 有機合成を達成した瞬間および生理活性を明らかにした瞬間の感動によって支えられています.
 さらに詳しくはnihei98アットcc.utsunomiya-u.ac.jpまでお尋ねください.

教育について

 「平日の日中は研究に集中すること」当分野の規則はただそれだけです. 反応,精製,分析および活性測定の繰り返しにより,新しい機能性分子が生まれます. 平日,多くの学生は実験台に向かって,積極的に実験を行っています.
 試験とは異なり,研究には初めから答えはありません.答えの予感はあります. 根気強く実験を繰り返し,答えの予感を確信に変える必要があります. 時間がかかることもあるかもしれませんが,その過程を含めて,「楽しい」と感じていただければ,大変うれしいです. 時間をかけて得られたものは,簡単に失われるものではないと思ってます.
 当分野では,TLC,HPLC,NMRおよびMSなどの様々な分析手法を日常的に使用します. したがって,有機化合物の合成,検出,精製や構造解析などの化学実験の進め方を習得できます. NMRには抵抗を感じる方もいますが,約1年間研究を続ければ, 自分自身で機器を操作し,スペクトルを解析できるようになります. また,様々な試薬を使用するため,有機化合物の基本的な取り扱い方も身につきます.

進路について

 大学院に進学する学生が多く,博士課程と修士課程の修了生は主に研究・開発職に就いています. 卒業生と修了生は,化粧品(研究,開発),製薬(研究,開発,学術業務,営業),化学工業(研究,開発,製造), 食品(開発,製造)や環境分析(研究)などの化学関連企業へ就職したり,公務員になったりして活躍しています.