概要

研究について

 当分野の研究目的は,生物がつくり出す天然有機化合物の構造解析,有機合成,誘導体合成および生理活性評価を行い,生活に役立つ医薬品,化粧品や農薬などの新しい機能性分子を開発することです.イメージを上図にまとめました.農薬という言葉を聞くと,危険だと思う方もいるかもしれませんが,要は活性と毒性の兼ね合いです.活性が強ければ農薬の使用も少しですみますし,活性が弱くても毒性の少ない農薬もあります.
 天然物有機化学の歴史は古く,18世紀後半まで遡ることができます.特に20世紀の中頃はこの学問の最盛期といっても過言ではなく,抗生物質やホルモンなどが発見され,人間の生活は一変しました.今でも菌類,植物および海洋生物から新しい天然有機化合物が次々と見つかっています.それらの中には現在では実用性に乏しいものもありますが,未来にはいったいどのような必要性が生まれてくるのか予測することは困難です.例えば100年前に,抗ウイルス性物質が必要になってくると考えた人がいたでしょうか? 有機化合物の必要性は,生化学,分子生物学など他の学問の発展とともに変化し続けるのです.
 皆さんが開発した機能性分子は,仮に数年の内に実用化されなくても,10年,20年,ひょっとしたら世紀を超えて脚光を浴びる日が来るかもしれません.天然物有機化学はそのような機能性分子の構造を明らかにした瞬間,有機合成を達成した瞬間および生理活性を見つけた瞬間の感動によって支えられています.さらに詳しくはこちらまでお尋ねください.

教育について

 化学反応,精製および分析の繰り返しにより,新しい機能性分子が生まれます.当分野では,平日はほとんどの学生が実験台に向かい,それらの実験を行っています.したがって,実験が好きな人は大歓迎です.
 テストとは異なり,研究には初めからの答えはありません(答えの予感はある).そこで,根気強く実験して,答えのようなものを見つけ出す必要があります.その過程を含めて,「楽しい」と感じていただければ,研究・開発に向いていると思います.
 平日の朝10時に来て,日中は研究に集中し,休む時には連絡して,掃除などは協力して行い,挨拶を忘れず,不在にするときは誰かに告げ,何かあったら相談すること.以上が当分野の最低限のルールです.
 当分野では,TLC,HPLC,NMRおよびMSの分析手法を日常的に使用しています.従って有機化合物の合成,検出,精製や構造解析などの化学実験の進め方を習得できます.NMRやMSには抵抗を感じる方もいますが,約1年間研究を続ければ自分自身で機器を操作できるようになります.また様々な試薬を使用するため,有機化合物の基本的な取り扱い方も身につきます.

進路について

 化粧品(研究,開発),製薬(研究,学術業務,営業),化学工業(研究,開発),食品(開発)や環境分析(研究)などの化学関連企業へ就職したり,公務員になったりして活躍しています.大学院に進学する学生が多く,博士課程と修士課程の修了生は主に,研究・開発職に就いています.