JP/EN

応用生命化学科

先輩からのメッセージ

より良い製品を目指して

現在、私はDHC第二研究所食品研究室に勤務しております。仕事の内容は健康食品全般に関係し、製品が販売されるまでの一連の過程に携わるなど多岐に渡っています。具体的には、サプリメントのもととなる機能性素材の調査・探索やその素材を使用した処方、剤型(錠剤、カプセル)の決定、製造スケジュールの把握、業者とのやり取りなどです。大学時代に自分で考えやり遂げる力とコミュニケーション能力を養ったことが現在役立っています。これらの力は、興味の向くままに読んだ本や研究室に配属された後に研究を進めていく過程で身に着けました。今振り返ってみますと、自分で何か行動を起こした時に学んだことが大いに生きています。

大熊 宏宜
大熊 宏宜
平成14年度生物生産科学科応用生物化学コース卒業
平成16年度生物生産科学専攻応用生物化学講座修了
現・(株)ディーエイチシー・DHC第二研究所勤務