HOME > 過去のお知らせ > マスコミ報道アーカイブス > 平成28年度
過去のお知らせ
   
平成28年度
                                 

農学研究科学生がテレビに出演

                

とちぎテレビ 平成29年3月31日(金)「5じはんLIVE@home」【内容】農学研究科修士1年の五十嵐瑛さん(森林資源利用学研究室)が、「しいたけ栽培中の菌体外酵素活性の変化」と題して研究紹介を行いました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

テレビ東京 平成29年3月26日(日)「池上彰のご当地ウラ事情」【内容】カラスの鳴き声について杉田昭栄教授が解説しました。

                

農学研究科学生がテレビに出演

                

とちぎテレビ 平成29年3月24日(金)「5じはんLIVE@home」【内容】農学研究科修士1年の高見有希さん(栄養制御学研究室)が、「生命活動と暮らしを支えるアミノ酸」と題して研究紹介を行いました。

                

谷本丈夫名誉教授(森林科学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成29年3月23日(木)【内容】谷本丈夫名誉教授が会長を勤める町高原山・尚仁沢湧水保全条例に基づく審議会による初の環境モニタリング調査の報告が新聞に掲載されました。

                

加藤弘二准教授(農業経済学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成29年3月11日(土)、日本農業新聞 平成29年3月14日(火)【内容】栃木県などが主催する「6次産業化フォーラム」が宇都宮大学で開催され、県から本学に委託された6次産業化支援事業について、加藤弘二准教授が紹介しました。

                

安藤益夫教授(農業経済学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成29年2月25日(土)、日本農業新聞 平成29年2月28日(火)【内容】JA栃木中央会担い手サポートセンター主催の「2016年度担い手支援セミナー」において、安藤益夫教授が「次世代型水田農業の担い手と展開方向」と題して講演を行ったことが新聞に掲載されました。

                

水谷正一名誉教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成29年2月25日(土)【内容】上三川町で「第2回磯川フォーラム」が開催され、水谷正一名誉教授が基調講演を行ったことが新聞に掲載されました。

                

農学研究科学生がテレビに出演

                

とちぎテレビ 平成29年2月24日(金)「5じはんLIVE@home」【内容】農学研究科修士2年の相澤昴洋さん(昆虫機能利用学研究室)が、「糸だけじゃない!蚕の利用~昆虫ウイルスを使った製薬技術~」と題して研究紹介を行いました。

                

秋山満教授(農業経済学科)が新聞に掲載

                

日本農業新聞 平成29年2月19日(日)【内容】JAうつのみやによる地域農業振興大会において、秋山満教授が基調講演を行ったことが新聞に掲載されました。

                

農学研究科学生がテレビに出演

                

とちぎテレビ 平成29年2月17日(金)「5じはんLIVE@home」【内容】農学研究科修士2年の高橋諒さん(農業政策学研究室)が、「栃木県における集落営農の実態と課題」と題して研究紹介を行いました。

                

秋山満教授(農業経済学科)がテレビに出演

                

とちぎテレビ 平成29年2月15日(水)「5じはんLIVE@home」及び「とちテレニュース」,平成29年2月16日(木)「おはよう!とちぎの朝」【内容】JAうつのみやが開催した地域農業振興大会において、秋山満教授が基調講演を行う様子がテレビで放送されました。

                

柏嵜勝准教授(附属農場)が新聞に掲載

                

日刊工業新聞 平成29年2月10日(金)【内容】柏嵜勝准教授が工学研究科と共同で開発を進めている農業用ロボットが新聞で紹介されました。

                

農学部が新聞に掲載

                

下野新聞 平成29年2月10日(金)【内容】農学部が開発したコメの新品種「ゆうだい21」の生産、利用が拡大していることが新聞で紹介されました。

                

農学研究科学生がテレビに出演

                

とちぎテレビ 平成29年2月10日(金)「5じはんLIVE@home」【内容】農学研究科修士1年の井上大悟さん(生物環境調節学研究室)が、「美味しい地ビールを栃木から-ホップの香りを科学する-」と題して研究紹介を行いました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がラジオに出演

                

CBCラジオ 平成29年2月4日(土)「北野誠のズバリサタデー」【内容】杉田昭栄教授がカラスの能力、生態、世界におけるカラス研究等についてラジオで解説しました。

                

農学研究科学生がテレビに出演

                

とちぎテレビ 平成29年1月27日(金)「5じはんLIVE@home」【内容】農学研究科修士1年の人見愛さん(生物有機化学研究室)が、「なぜサケは那珂川に帰ってくるのか?~サケの回遊のヒミツ~」と題して研究紹介を行いました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

朝日新聞 平成29年1月15日(日)【内容】杉田昭栄教授によるカラスの生態に関する研究内容が新聞で紹介されました。

                

柏嵜勝准教授(附属農場)がテレビに出演

                

テレビ朝日 平成29年1月7日(土)「週刊ニュースリーダー」【内容】柏嵜勝准教授がイチゴ摘みロボットに関連する研究成果を紹介します。

                

農学部学生が新聞に掲載

                

下野新聞 平成29年1月4日(水)【内容】農学部4年の浜田亜紀さんが、全国漁業協同組合連合会主催の「第17回シーフード料理コンクール」のお魚料理チャレンジ部門で最高賞の農林水産大臣賞を受賞しました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

TBS 平成28年12月29日(木)「あさチャン!」【内容】カラス対策に猛禽類を使うことの効果やカラスの賢い行動について杉田昭栄教授が解説します。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

TBS 平成28年12月19日(月)「白熱ライブビビット」【内容】長野県の観光地、善光寺周辺にカラスが集まり、ごみ漁りやフン害などの問題が発生。カラスが群れる現象について、杉田昭栄教授が解説を行いました。

                

高橋行継准教授(附属農場)が新聞に掲載

                

日本農業新聞 平成28年12月11日(日)【内容】農学部が開発した水稲「ゆうだい21」の栽培講習会で、高橋行継准教授が作付け予定者に栽培ポイントの説明を行いました。

                

小笠原勝教授(雑草と里山の科学教育研究センター)が新聞に掲載

                

朝日新聞 平成28年12月11日(日)【内容】雑草が人間の暮らしに与える影響等に関する小笠原勝教授のインタビュー記事が新聞に掲載されました。

                

西山未真准教授(農業経済学科)が新聞に掲載

                

日本農業新聞 平成28年12月3日(土)【内容】栃木県と栃木県農業者懇談会が「女性農業者活躍応援プログラム第2回基礎講座」を開催し、西山未真准教授が「新たな視点・前向きな姿勢で農業を考える」と題した講演を行いました。

                

大久保達弘教授(森林科学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年11月10日(木)【内容】再生可能エネルギーの利用推進を目指す茂木町において、大久保達弘教授が委員長を勤める町再生可能エネルギー導入計画策定委員会が第1回会合を行い、ペレット燃料の利用に向けた具体的な議論を開始しました。

                

菅野長右エ門名誉教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

                

読売新聞,産経新聞,毎日新聞,下野新聞 平成28年11月3日(木)【内容】「秋の叙勲」受章者が発表され、元宇都宮大学長の菅野長右エ門名誉教授が瑞宝中綬章を受章することが決まりました。

                

農学部学生が新聞に掲載

                

日本農業新聞 平成28年10月30日(日)【内容】本学農業経済学科の学生が、茨城県筑西市の地域おこし協力隊として日本酒による町おこしに取り組んでいることを紹介する記事が新聞に掲載されました。10月29日には初のイベントとして地酒の試飲提供を行うなど、積極的に活動しています。

                

謝肖男助教(バイオサイエンス教育研究センター)が新聞に掲載

                

読売新聞 平成28年10月20日(木)【内容】謝肖男助教が今年度の日本農学進歩賞を受賞しました。謝助教は植物の根から分泌されるホルモンについて研究しており、将来的には植物の根から養分を吸い取る寄生植物を防除し食糧危機の解決につながるとの期待も高まっています。

                

バイオサイエンス教育研究センターが新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年10月20日(木)【内容】バイオサイエンス教育研究センターと栃木県農業試験場いちご研究所が共同研究契約を締結し、協力してスカイベリーの着色障害の原因の調査にあたります。

                

農学部学生が新聞に掲載

                

読売新聞,下野新聞 平成28年10月17日(月)【内容】宇都宮ブリッツェンに所属する農学部学生の雨沢毅明さんが、国内最高峰の自動車ロードレースツアー第21戦で3位に入りました。

                

附属農場が新聞に掲載

                

朝日新聞 平成28年10月15日(土)【内容】10月15日(土)宇都宮パルコ前の下野宮広場で「宇大はおいしいフェア」を開催します。附属農場で育てた牛の乳を使用した食品の販売のほか、展示、体験コーナーも設けられます。。

                

農学部が新聞に掲載

                

日本農業新聞 平成28年10月15日(土)【内容】大田原市でコスモスまつりが開催され、農学部が開発し今年からJAなすのが株式会社ローソンと提携して契約栽培を始めた「ゆうだい21」が参加者にプレゼントされました。

                

水谷正一名誉教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年10月7日(金)【内容】水谷正一名誉教授が会長を務めるメダカ生息地の保全活動を行うボランティア団体「メダカ里親の会」が創立20周年を迎え、これまでの活動等をまとめた記念誌を発刊しました。

                

高橋滋元農学部講師(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年10月4日(火)【内容】生態系に被害を及ぼす恐れがある重点対策外来種に指定されている蝶「アカボシゴマダラ」が栃木県内で生息域を拡大していることについて、とちぎ昆虫愛好会会長を務める高橋滋元講師のコメントが新聞に掲載されました。

                

雑草と里山の科学教育研究センターが新聞に掲載

                

読売新聞 平成28年9月25日(日)【内容】9月21日(水)に、雑草と里山の科学教育研究センターと国土交通省関東地方整備局共催の市民公開シンポジウム「人と道路と雑草~道路にくらす雑草を科学する~」が開催されました。

                

小金澤正昭名誉教授(雑草と里山の科学教育研究センター)が新聞に掲載

                

読売新聞 平成28年9月24日(土)【内容】県内でツキノワグマの目撃が急増していることを受け、小金澤正昭名誉教授が昨年ドングリが豊作でクマが繁殖に成功したことをその理由として挙げました。

                

夏秋知英副学長(農学部長・生物資源科学科教授)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年9月23日(金)【内容】イギリスの教育専門誌が発表した今年の世界大学ランキング上位978校に宇都宮大学がランクインし、夏秋知英副学長が今後も国際性の豊かさの強化や論文の質及び量の向上を目指すと述べました。

                

西尾孝佳准教授(雑草と里山の科学教育研究センター)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年9月22日(木)【内容】9月21日(水)に市民公開シンポジウム「人と道路と雑草~道路にくらす雑草を科学する~」が開催され、西尾孝佳准教授が物流の発展により雑草が広く拡散する仕組みについて説明しました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

朝日新聞 平成28年9月16日(金)【内容】カラスによるごみ荒らし被害の対策について、杉田昭栄教授がカラスの視覚という観点から解説しました。

                

附属農場が新聞に掲載

                

読売新聞 平成28年9月16日(金)【内容】10月21日(金)に、峰キャンパス農学部1号館において、農学部学生らが附属農場で飼育する牛から作られたオリジナル牛乳「純牧」の販売会を行います。

                

雑草と里山の科学教育研究センターが新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年9月15日(木)【内容】9月21日(水)雑草と里山の科学教育研究センターで市民公開シンポジウム「人と道路と雑草~道路にくらす雑草を科学する~」を開催します。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

北陸中日新聞,富山新聞 平成28年9月14日(水)【内容】カラスが市街地に集まり様々な被害で困っている砺波市のカラス対策実施について、9月13日(火)に杉田昭栄教授が助言、指導した内容が掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

北日本新聞 平成28年9月13日(火)【内容】9月12日(月)に富山県砺波市の曳山会館で杉田昭栄教授が行ったカラスの生態や脳、視覚に基づいた忌避対策の講演の様子が掲載されました。

                

小寺祐二講師(雑草と里山の科学教育研究センター)がテレビに出演

                

テレビ朝日 平成28年9月5日(月)「スーパーJチャンネル」【内容】イノシシによる渡良瀬川の河川堤防被害について小寺祐二講師が解説します。

                

水谷正一名誉教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

                

朝日新聞 平成28年8月27日(土)【内容】小山市で「生物の多様性を育む農業国際会議」が開催され、水谷正一名誉教授が基調講演を行いました。

                

農学部卒業生が新聞に掲載

                

日本農業新聞 平成28年8月25日(木)【内容】宇都宮大学農学部の卒業生が、農業や食の大切さを知ってもらうため自ら大田原市の農家で農作業を体験し、その体験を基に歌を作りCD化しました。

                

バイオサイエンス教育研究センターが新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年8月7日(日)【内容】バイオサイエンス教育研究センターで「バイテク体験講座」が開催され、高校生がブロッコリーのDNA抽出や大腸菌の遺伝子組み換えなどの実験に挑戦しました。

                

バイオサイエンス教育研究センターが新聞に掲載

                

日本農業新聞 平成28年7月28日(木)【内容】埼玉県の農業高校生がバイオサイエンス教育研究センターを訪問し稲の遺伝子分析実験を行いました。

                

高橋行継准教授(附属農場)が新聞に掲載

                

日本農業新聞 平成28年7月24日(日)【内容】宇都宮大学農学部が開発した出納品種「ゆうだい21」の現地検討会が開催され、高橋行継准教授が管内3か所の捕縄を巡回し生産者に生育状況を説明しました。JAは今年度からゆうだい21の生産販売を開始します。

                

秋山満教授(農業経済学科)が新聞に掲載

                

朝日新聞 平成28年7月9日(土)【内容】TPPが県内農業に与える影響について、秋山満教授が新聞で解説しました。

                

秋山満教授(農業経済学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年7月9日(土)【内容】宇都宮市農業公社設立20周年式典が開催され、秋山満教授が「担い手の育成・確保と農業公社への期待」と題して記念講演を行いました。

                

柏嵜勝准教授(附属農場)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年7月6日(水)【内容】柏嵜勝准教授が中心となって開発したイチゴ個別包装容器「フレシェル」を用いてベルギーへ空輸された本県産スカイベリーが、国際味覚審査機構の審査で最高賞の三つ星を受賞しました。

                

高橋滋元農学部講師(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年6月28日(火)【内容】6月26日(日)宇都宮市指定天然記念物のチョウ、クロコムラサキの観察会が開催され、現在はとちぎ昆虫愛好会会長を務める高橋滋元農学部講師が参加者への解説を担当しました。

                                 

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

RKB毎日放送 平成28年6月27日(月)「今日感テレビ」【内容】本学のカラス研究「男女の識別能力」や脳の発達に関する研究が紹介されたとともに、電話インタビューで杉田昭栄教授がカラスの賢さと対策について解説しました。

                

農学部が新聞に掲載

                

日本農業新聞 平成28年6月12日(日)【内容】県内7高校から33人の受講生を受け入れ、平成28年度アグリカレッジが開講しました。初日となる6月11日(土)は、開講式及び宮川一志准教授による第1回講義「生息環境で形が変わる?ミジンコの驚くべき環境適応能力」が行われました。

                

宇都宮高等農林学校(農学部の前身)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年6月9日(木)【内容】「写真で振り返る宇都宮の120年」の企画で、農学部の前身にあたる宇都宮高等農林学校が紹介されました。

池口厚男教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

                

日経新聞 平成28年6月4日(土)【内容】池口厚男教授がパナソニックグループと共同で牛舎の温度等を均一に保つ環境制御システムを開発したことを紹介する記事が新聞に掲載されました。

                

大久保達弘教授,逢沢峰昭准教授(森林科学科)が新聞に掲載

                

朝日新聞 平成28年5月29日(日)【内容】大久保達弘教授及び逢沢峰昭准教授が進めている、約100年前に日光を訪れた外国人が撮影した樹木の写真を基に樹木の成長や周囲の植物環境の変化を読み取る研究が新聞で紹介されました。

                

後藤章教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年5月23日(月)【内容】JR小山駅西口の再開発ビルで「宇都宮大学おやまサテライトプラザ市民講座」が始まり、後藤章教授が「地域振興に向けた農業・農村の付加価値化戦略」と題して講演を行い、市民約20人が参加しました。

小寺祐二講師(雑草と里山の科学教育研究センター)がテレビに出演

                

TBS 平成28年5月22日(日)「噂の東京マガジン」【内容】渡良瀬川におけるイノシシの堤防掘削問題について

                

農業経済学科の学生が新聞に掲載

                

日本農業新聞 平成28年5月13日(金)【内容】茨城県筑西市の農家に下宿し、学業の傍ら同市や農業を応援する活動に取り組んでいる農業経済学科2年生の小泉泰英さんが、新聞で紹介されました。

                

夏秋知英農学部長が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年5月12日(木)【内容】宇都宮市の小学校で給食に使用されたタケノコから国の基準値を超える放射性セシウムが検出された問題で、栃木県原子力災害対策専門委員を務める夏秋知英農学部長が市に見解を述べたとの記事が新聞に掲載されました。

                

農業経済学科の学生が新聞に掲載

                

日本農業新聞 平成28年5月5日(木)【内容】茨城県筑西市の活性化を目指す学生団体「APITEC」が同市で都心部の大学生のための農業体験会を開催し、同団体に所属する本学部農業経済学科の学生が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

読売新聞(石川県版) 平成28年5月3日(火)【内容】北陸電力によるカラスの巣撤去の取り組みを紹介する記事において、カラスが電柱や鉄塔に営巣する理由を杉田昭栄教授が解説しています。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

テレビ朝日 平成28年5月2日(月)「羽鳥慎一モーニングショー」【内容】カラスが乳牛の乳頭を突き怪我を負わせる事件が発生。カラスが春に人などを襲ったりする理由について杉田昭栄教授がコメントしました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が雑誌に掲載

                

週刊新潮 平成28年4月28日(木)【内容】熊本地震の際に見られた動物の不思議な行動について、杉田昭栄教授が動物の感覚の面から解説しました。

夏秋知英農学部長が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年4月22日(金)【内容】4月1日付けで農学部長に就任した夏秋知英教授のインタビュー記事が新聞に掲載されました。

                

農学部が新聞に掲載

                

日本農業新聞 平成28年4月16日(土)【内容】JA全農とちぎが中心となり、農学部が開発した水稲「ゆうだい21」の作付け増に県を挙げて取り組みます。JAなすのでは稲作農家を対象に契約栽培を始めることとなり、2月に開催された栽培講習会では附属農場の高橋行継准教授がゆうだい21の特性や栽培上の注意点を説明しました。収穫したお米は(株)ローソンへ販売され、同社製品に使用されます。

                

柏嵜勝准教授(附属農場)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年4月9日(土)【内容】イチゴ生産量日本一を誇る本県の強みを紹介する記事の中で、イチゴ輸出方法の研究に取り組んでいる柏嵜勝准教授が紹介されました。

                

農学部が新聞に掲載

                

毎日新聞 平成28年4月9日(土)【内容】農学部が検査に協力した芳賀町産のコシヒカリ2検体が、日本穀物検定協会の実施する食味官能検査で最高評価の「特A相当」に認定されました。

                

松田勝教授(バイオサイエンス教育研究センター)が新聞に掲載

                

読売新聞 平成28年4月7日(木)【内容】科学技術の研究者や企業家として国際的に活躍する人材を育てる高校生向けの授業「iP-U」の研究成果発表会が開催されました。受講生の研究成果発表を聞いたプログラム担当者の松田教授は、彼らが当初の目標のレベルに到達したと評価しました。

小寺祐二講師(雑草と里山の科学教育研究センター)がテレビに出演

NHK 平成28年4月6日(水)「とちぎ640」【内容】イノシシによる河川堤防被害の対策について、小寺祐二講師が解説します。

               
ページトップへ