HOME > 過去のお知らせ > マスコミ報道アーカイブス > 平成27年度
過去のお知らせ
       
平成27年度
                

小金澤正昭教授(雑草と里山の科学教育研究センター)がテレビに出演

                

NHK総合テレビ 平成28年3月30日(水)「世界お悩み解決」【内容】ゲストがケニアのヒヒ問題について話し合い、提案した解決策を小金澤正昭先生が専門家として評価、助言します。

小金澤正昭教授(雑草と里山の科学教育研究センター)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年3月27日(日)【内容】3月末で定年退職する小金澤正昭教授のこれまでの研究生活や今後の予定に関するインタビュー記事が新聞に掲載されました。また、退職を記念して出版された著書「とちぎの野生動物 私たちの研究のカタチ」(随想舎刊)も併せて紹介されました。

志賀徹名誉教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年3月19日(土)【内容】産学官連携でイチゴに関する技術開発を目指す「とちぎフードイノベーション推進協議会」成果報告会において、志賀徹名誉教授が大谷石採石場の地下低温貯留水を利用した夏イチゴの低コスト栽培について発表しました。

                

雑草と里山の科学教育研究センターが新聞に掲載

                

日本経済新聞 平成28年3月16日(水)【内容】雑草と里山の科学教育研究センターが国土交通省渡良瀬川河川事務所にイノシシ駆除のノウハウを提供し、連携して対策にあたることを紹介する記事が新聞に掲載されました。

                

小寺祐二講師(雑草と里山の科学教育研究センター)がテレビに出演

                

TBSテレビ 平成28年3月15日(火)「Nスタ」【内容】渡良瀬川のイノシシ被害について、小寺祐二講師が解説します。

                

雑草と里山の科学教育研究センターが新聞に掲載

                

朝日新聞 平成28年3月14日(月)【内容】雑草と里山の科学教育研究センターが日光カンツリー倶楽部と連携協定を締結することを紹介する記事が新聞に掲載されました。

                

夏秋知英教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年3月8日(火),産経新聞 平成28年3月9日(水),朝日新聞 平成28年3月10日(木)【内容】夏秋知英教授が次期農学部長候補者に選出されたことを紹介する記事が掲載されました。

                

雑草と里山の科学教育研究センターが新聞に掲載

                

読売新聞 平成28年3月8日(火)【内容】雑草と里山の化学教育研究センターが国土交通省関東地方整備局渡良瀬川河川事務所と協定を締結し、イノシシによる堤防破壊の対策に取り組むことを紹介する記事が掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

TBSテレビ 平成28年3月4日(金)「あさチャン!」【内容】カラス対策への鷹の応用性とその効果、生態とのかかわりについて杉田昭栄教授が電話インタビューで解説します。

                

雑草と里山の科学教育研究センターが新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年3月3日(木)【内容】雑草と里山の科学教育研究センターと国土交通省宇都宮事務所の協定締結が、下野新聞の論説で取り上げられました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

TOKYO MX 平成28年2月29日(月)「5時に夢中!」【内容】杉田昭栄教授がカラスの賢さについて解説します。また、本学部での実験の様子、カラスの飼育現場も紹介します。

                

雑草と里山の科学教育研究センターが新聞に掲載

下野新聞 平成28年2月23日(火)【内容】イノシシによる堤防の掘り返し被害などによる渡良瀬川堤防の強度低下を防ぐため、雑草と里山の科学教育研究センターと国土交通省渡良瀬川河川事務所が連携して河川環境の改善に取り組む協定書を締結した記事が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

テレビ朝日 平成28年2月23日(火)「スーパーJチャンネル」【内容】札幌の百貨店屋上のタイル状の煉瓦をカラスが銜えて運び、落下させて通行人が怪我をした件について、杉田昭栄教授がカラスの生態面から電話解説します。

                

雑草と里山の科学教育研究センターが新聞に掲載

                

雑草と里山の科学教育研究センターと国土交通省渡良瀬川河川事務所は、連携してイノシシや雑草の対策にあたるため協定を締結します。

                

雑草と里山の科学教育研究センターが新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年2月14日(日)【内容】宇都宮市教育委員会及び雑草と里山の科学教育研究センター主催のシンポジウム「ザゼンソウのふしぎ発見!」が2月13日(土)に開催されました。

水谷正一名誉教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成28年2月10日(水)【内容】2月9日(火)に「とちぎの豊かな農村づくりフォーラム」が開催され、水谷正一名誉教授がパネルトークのコーディネーターを務めた記事が新聞に掲載されました。

秋山満教授(農業経済学科)が新聞に掲載

日本農業新聞,下野新聞 平成28年2月6日(土)【内容】秋山満教授が会長を務める栃木県農政審議会において、2016年度から5年間の次期農業振興計画の最終案策定に向けた議論が行われた記事が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

河北新聞 平成27年2月6日(土)【内容】青森市の中心部に集まるカラスの大群とそれにより発生する問題について、杉田昭栄教授がカラスの生態面から解説するとともに、対策の提言を行った記事が新聞に掲載されました。

秋山満教授(農業経済学科)が新聞に掲載

                

北海道新聞 平成28年1月18日(月)【内容】北海道における農業人口の減少について、秋山満教授がその背景と対応策について見解を述べました。

                

守山拓弥准教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

                

朝日新聞 平成28年1月15日(金)【内容】1月27日(水)開催の「エコ農業とちぎ推進シンポジウム」において、守山拓弥准教授が「農村地域における生物多様性の維持・向上に向けて」と題して講演を行います。

                

雑草と里山の科学教育研究センターが新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年1月14日(木),読売新聞 平成28年1月15日(金)【内容】雑草と里山の科学教育研究センターと国土交通省宇都宮国道事務所は、県内国道沿線の雑草防除のため連携、協力する協定書を締結しました。雑草防除を目的として大学と国道事務所が協定を結ぶのは全国初となります。

                

房相佑教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

下野新聞,朝日新聞 平成28年1月14日(木)【内容】房相佑教授が開発を進めているアブラナ科の新型野菜2種の品種登録申請が行われました。登録が承認されれば、「香味菜」という名称で本格的に栽培普及、販売が始まります。

附属農場

                

下野新聞 平成28年1月13日(水)【内容】附属農場では、有機栽培に興味がある希望者に1シーズンを通して作付けを体験してもらう「オープンエコファーム」の参加者を募集しています。

宇都宮大学

                

下野新聞 平成28年1月6日(水)【内容】宇都宮大学の協力の下で大田原市が行ったカラス対策実証実験の最終報告が発表され、紫外線をカットするカラス対策用ゴミ袋、カラス対策用ネットの有効性が認められました。

                

附属演習林が新聞に掲載

                

下野新聞 平成28年1月5日(火)【内容】文部科学省エントランスで、宇都宮大学発の研究成果や技術を発信する常設展示が始まりました。大学単独演習林で初の森林管理認証を受けた附属演習林の活動実績や高品質のヒノキ材、スギ材などが2月末まで展示されます。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

テレビ朝日 平成27年12月24日(木)「ワイドスクランブル」【内容】長野市市街地にカラスの大きな群れが形成され、糞害や騒音などの問題が生じています。群れがなぜ形成されるのか、その対策法はあるのかなど、杉田昭栄教授がカラスの生態面から解説します。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新便に掲載

                

読売新聞 平成27年12月11日(金)【内容】長野市の中心部に集まるカラスの大群とそれにより発生する問題について、杉田昭栄教授がカラスの生態面から解説するとともに、対策の提言を行った記事が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

TBSテレビ 平成27年12月8日(火)「Nスタ」【内容】カラスが小田原駅周辺に住み着き、近隣で糞害や鳴き声の騒音問題などが発生。その原因について、杉田昭栄教授がカラスの習性や生態面から解説します。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

TBSテレビ 平成27年12月1日(火)「あさチャン!」【内容】カラスの群れの冬ならではの特徴について、杉田昭栄教授が電話で解説します。

柏嵜勝准教授(附属農場),附属演習林が新聞に掲載

                

下野新聞 平成27年11月19日(木)【内容】アグリビジネス創出フェア2015で、柏嵜勝准教授が開発を進めているスカイベリー包装容器「フレシェル」や、「緑の循環」認証会議(SGEC)の個別認証を得た附属演習林のヒノキ材などを紹介した記事が新聞に掲載されました。

                

秋山満教授(農業経済学科)が新聞に掲載

                

下野新聞,日本農業新聞 平成27年11月19日(木)【内容】11月18日(水)に栃木県が第3回県農政審議会を開催し、秋山満教授が議長を務めました。2016年度から5年間の次期農業振興計画の第2次素案について検討しました。

                

雑草と里山の科学教育研究センターが新聞に掲載

                

下野新聞 平成27年11月17日(火)【内容】11月14日(土)に、雑草と里山の科学教育研究センターが茂木町と共同で企画したイノシシとサケの新メニュー試食会が実施されました。

秋山満教授(農業経済学科)が新聞に掲載

日本農業新聞 平成27年11月13日(金)【内容】11月12日(木)宇都宮市で第3回農業経営改善活動全国実践交流研究会が開催されました。13日(金)には秋山満教授が基調講演を行います。

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

TBSテレビ 平成27年11月6日(金)「ひるおび」【内容】カラスによる農作物被害とカラスの生態について、杉田昭栄教授が解説します。

農学部が新聞に掲載

朝日新聞 平成27年10月25日(日)【内容】10月24日(土)に「宇大はおいしいフェア2015」が開催され、農学部の学生が飼育した牛の乳やその父から作ったチーズなどが販売されました。初出品の牛乳「純牧」は独特のコクと風味をもち、今回の目玉商品となりました。

               

西尾孝佳准教授(雑草と里山の科学教育研究センター)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成27年10月14日(水)【内容】10月16日(金)に宇都宮大学大学会館で行われる公開講座において、西尾孝佳准教授が宇都宮城跡で発掘された450年前の「印南蓮」のDNA解析の結果について講演します。

小金澤正昭教授(雑草と里山の科学教育研究センター)が新聞に掲載

下野新聞 平成27年10月9日(金)【内容】林野庁が進めているシカ捕獲実証実験について、小金澤正昭教授が有識者として現地検討会に参加した記事が新聞に掲載されました。

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成27年10月6日(火)【内容】10月10日(土)に開催される栃木理科教育研究集会において、杉田昭栄教授が講演します。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

中日新聞 平成27年10月6日(火)【内容】愛知県半田市に設置したメガソーラーのパネルがカラスに破損されることについて、杉田昭栄教授がカラスの習性の面から解説した記事が新聞に掲載されました。

村井保名誉教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

日経新聞 平成27年9月30日(水)【内容】村井保名誉教授が、イチゴの苗木に寄生するダニを炭酸ガスで駆除する仕組みを企業と共同開発した記事が新聞に掲載されました。

                

稲泉三丸名誉教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成27年8月18日(火)【内容】稲泉三丸名誉教授が、県内の山々で採集した昆虫1000種を紹介した著書「山登りで出会った昆虫たち とちぎの山102山」を出版した記事が新聞に掲載されました。

金子幸雄名誉教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

朝日新聞 平成27年8月14日(金)【内容】栃木県等が主催する「栃木県の伝統野菜・伝統食品ブランド化セミナー」(8月21日開催)において、金子幸雄名誉教授が県内の伝統野菜などについて講演します。

小寺祐二講師(雑草と里山の科学教育研究センター)が新聞に掲載

読売新聞 平成27年8月4日(火)【内容】栃木県と宇都宮大学が協力して実施する「とちぎ獣害対策地域リーダー育成研修会」において、小寺祐二講師が電気柵の活用法について講義を行った様子が新聞に掲載されました。

小寺祐二講師(雑草と里山の科学教育研究センター)が新聞に掲載

下野新聞 平成27年7月22日(水)【内容】小山市の思川でイノシシが捕獲されたことを受け、小寺祐二講師のコメントが新聞に掲載されました。小寺講師の経歴や研究についても紹介されています。

飯郷雅之教授(応用生命化学科)が新聞に掲載

読売新聞 平成27年7月10日(金)【内容】読売新聞社・宇都宮大学共催公開講座「『常識』と『真実』は合致するのか?―『驚き桃の木山椒の木』の学術的成果―」において、飯郷雅之教授が「学問?科学?文系?理系?」をテーマに、科学の常識と真実や文系と理系の壁について講義した様子が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

四国新聞 平成27年7月10日(金)【内容】高知県三豊市で発見された白いカラスについて、アルビノ個体であるという観点から杉田昭栄教授が解説した記事が新聞に掲載されました。

金野尚武准教授(応用生命化学科)が新聞に掲載

日本農業新聞 平成27年7月5日(日)【内容】2015年度宇都宮大学アグリカレッジ第5、6回講座が開講され、第6回講座を担当した金野准教授が糖類を利用して食感を変える実験を行った様子が新聞に掲載されました。

秋山満教授(農業経済学科)が新聞に掲載

日本農業新聞 平成27年7月2日(木)【内容】秋山満教授が座長を務める栃木県農政審議会が、県農業振興計画の第1次素案の検討を行った記事が新聞に掲載されました。県農業・農村の目指すべき基本目標などを示し、そのために「新たな園芸生産の戦略的拡大」「大規模な米麦や畜産経営体の育成」「農産物ブランド力の強化と輸出の促進」など、7項目のリーディング・プロジェクトが設定されました。

雑草と里山の科学教育研究センターが新聞に掲載

産経新聞 平成27年6月23日(火)【内容】雑草と里山の科学教育研究センターが協力している大田原市のザゼンソウ群生地の再生について、群生地周辺の雑草取りが行われた記事が新聞に掲載されました。

萩原敏夫元農学部技術職員(応用生命化学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成27年6月22日(月)【内容】萩原敏夫元農学部技術職員が技術指導を担当する「那須塩原バター普及研究会」が、那須塩原産バターの製造過程で生まれる副産物・脱脂乳を活用した商品の試食会を行った記事が新聞に掲載されました。

飯郷雅之教授(応用生命化学科)が新聞に掲載

読売新聞 平成27年6月21日(日)【内容】宇都宮大学と読売新聞宇都宮支局が共催する公開講座の第2回が6月20日(土)に実施され、飯郷雅之教授が「学問?科学?文系?理系?」と題して講義した記事が新聞に掲載されました。

柏嵜勝准教授(附属農場)が新聞に掲載

下野新聞 平成27年6月20日(土)【内容】イチゴ個別包装容器「フレシェル」で空輸された栃木県産スカイベリーが国際味覚審査機構の審査で優秀味覚賞(二つ星)を受賞したことを受け、柏嵜勝准教授が工学研究科の尾崎功一教授とともに石田朋靖学長に同行し、福田富一栃木県知事に報告を行った記事が新聞に掲載されました。

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

日本テレビ 平成27年6月21日(日)「真相報道バンキシャ!」【内容】栃木県さくら市及び島根県松江市においてカラスが自動車のワイパーをくわえて持ち去る行動について、カラスの生態、習性の面から杉田昭栄教授が解説します。対応策及び杉田教授の研究の一部も紹介します。

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

TBS 平成27年6月18日(木)「あさチャン!」【内容】島根県松江市においてカラスが自動車のワイパーをくわえて持ち去る行動及び対策について、杉田昭栄教授が電話で解説します。

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

フジテレビ 平成27年6月17日(水)「とくダネ!」「みんなのニュース」【内容】島根県松江市においてカラスが自動車のワイパーをくわえて持ち去る行動及び対策について、杉田昭栄教授が電話で解説します。

秋山満教授(農業経済学科)が新聞に掲載

                

読売新聞 平成27年6月16日(火)【内容】秋山満教授が会長を務める「うつのみや農産物ブランド推進協議会」が、将来の海外輸出支援に向けて調査研究を始めた記事が新聞に掲載されました。

雑草と里山の科学教育研究センターが新聞に掲載

                

下野新聞 平成27年6月14日(日)【内容】大田原市で、ザゼンソウ群生地の雑草取りが行われました。ザゼンソウは大田原市の天然記念物に指定されており、雑草と里山の科学教育研究センターはザゼンソウ保全のために大田原市教育委員会と協定を締結しています。

松田勝教授(バイオサイエンス教育研究センター)が新聞に掲載

毎日新聞 平成27年6月10日(水)【内容】松田勝教授が取りまとめた高校生向け科学人材育成プログラム「iP-U」を紹介する記事が掲載されました。

柏嵜勝准教授(附属農場)が開発したイチゴ個別包装容器が新聞に掲載

日経新聞 平成27年6月10日(水)【内容】柏嵜勝准教授が開発したイチゴ個別包装容器「フレシェル」を用いて輸送された栃木県産イチゴが、ベルギーの味覚コンテストで入賞した記事が掲載されました。

松田勝教授(バイオサイエンス教育研究センター)が新聞に掲載

産経新聞,下野新聞 ともに平成27年6月5日(金)【内容】松田勝教授が取りまとめた高校生向け科学人材育成プログラム「iP-U」の受講生を全国から募集します。本プログラムは科学技術振興機構(JST)のグローバルサイエンスキャンパス事業に採択されており、1年目は受講者全員が基盤プランで授業を受け、2年目は選抜された受講生10名程度が才能育成プランに進みます。第1期は8月、第2期は10月に開講予定です。

池口厚男教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

産経新聞 平成27年6月4日(木)【内容】乳牛の夏バテによる乳量減少を防ぐため、池口厚男教授が換気扇約140台を取り付けた牛舎を開発し効果の検証を始めました。本事業は(独)農業・食品産業技術総合研究機構や民間企業の協力を得て進められてきたもので、今後は乳量などのデータを収集して効果を証明し、酪農家への普及を目指します。

柏嵜勝准教授(附属農場)が新聞に掲載

下野新聞 平成27年6月3日(水),毎日新聞 平成27年6月4日(木)【内容】柏嵜勝准教授が開発したイチゴ個別包装容器「フレシェル」で輸送された本県産大型完熟イチゴ「スカイベリー」が、ベルギーで行われた国際味覚審査機構の認証審査で優秀味覚賞(2つ星)を受賞しました。国内産青果物が同賞を受賞するのは初めてのことです。収穫から輸送、審査までは1週間以上かかりましたが、形や食感が高く評価されるなどイチゴの品質は高く保たれており、柏嵜准教授も輸送技術に自信を深めていました。

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

とちぎテレビ 平成27年6月2日(火)「イブニング6」,「ニュースワイド21」,平成27年6月3日(水)「NEWSとちぎの朝」【内容】大田原市が、実際のごみステーションでカラス対策の袋やネットの効果の検証を行っています。この度、半年間の検証結果が分かり中間報告となりました。対策袋やネットが効果を発揮しているという点について、さらには今後の検証の進め方などについて解説します。

農学部が新聞に掲載

日本経済新聞, 下野新聞 平成27年5月26日(火),朝日新聞 平成27年5月27日(水)【内容】農学部がアフリカのガーナ大学基礎応用科学部と交流協定を締結しました。5月25日(月)にガーナ大学のベネザ・オドロ・オウス基礎応用科学部長が来学し、調印式が行われました。アフリカの大学との交流協定締結は、宇都宮大学初となります。

飯郷雅之教授(応用生命化学科)が新聞に掲載

読売新聞 平成27年5月22日(金)【内容】読売新聞社・宇都宮大学共催公開講座「『常識』と『真実』は合致するのか?―『驚き桃の木山椒の木』の学術的成果―」において、飯郷雅之教授が講師を務めます。第2回 6月20日(土)「学問?科学?文系?理系?」

平井英明教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

読売新聞 平成27年5月19日(火)【内容】平井英明教授が企画実施した国際土壌年2015を寿ぐ企画「実験でわかる土の秘密を探る」の様子が新聞で紹介されました。

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

読売新聞 平成27年5月15日(金)【内容】杉田昭栄教授の指導の下実施された大田原市によるカラスのごみ袋荒らし対策実験の中間報告が新聞で紹介されました。特殊顔料を含んだ黄色いごみ袋に高い効果が見られ、また辛み成分カプサイシン入りのネットにも被害を防ぐ効果が確認されました。

平井英明教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

朝日新聞 平成27年5月15日(金)【内容】5月23日(土)に宇都宮市逆面地区で開催される体験イベント「土のひみつをさぐろう!」に平井英明教授が講師として参加します。

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

日本テレビ 平成27年5月9日(土)「天才!志村どうぶつ園」【内容】ゴルフ場で、お客さんが打ったボールをカラスが持ち去る事件が発生。その行動について、カラスの生態や習性から解説します。

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

東京スポーツ新聞 平成27年5月3日(日)【内容】京都伏見稲荷大社のろうそくを盗むカラスの行動について、カラスの修正や模倣学習の視点から解説しています。

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

北日本新聞 平成27年5月1日(金)【内容】北日本新聞連載―虹シリーズ「鳥たちの歌が聞こえる」の中で、富山県において教師をしながら野鳥観察家として活躍している笹島裕子さんの恩師として杉田昭栄教授の卒業指導の在り方や研究内容が詳しく紹介されました。

谷本丈夫名誉教授(森林科学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成27年4月18日(土),朝日新聞 平成27年4月21日(火)【内容】放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場候補地選定問題について、5月14日(木)に塩谷町でシンポジウムが開催されます。パネルディスカッションには、谷本名誉教授がパネリストとして参加します。

附属演習林がテレビで紹介

とちぎテレビ 平成27年4月13日(月)「とちテレニュース」【内容】4月12日(日)に行われたカタクリまつりの様子がニュースで紹介されます。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

NHK 平成27年4月11日(土)「特ダネ!投稿DO画」【内容】カラスが動物の毛などを使い巣をつくる様子や営巣行為について解説するとともに、杉田教授自身が撮影したカラスの子育てや巣の様子が登場します。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

TBSテレビ 平成27年4月10日(金)「Nスタ」【内容】カラスの営巣と送電トラブルについて、電話インタビューで解説します。

附属演習林が新聞に掲載

読売新聞 平成27年4月10日(金)【内容】船生演習林にて、4月12日(日)9時~15時まで『カタクリまつり』を開催します。

               
ページトップへ