HOME > 過去のお知らせ > マスコミ報道アーカイブス > 平成25年度
過去のお知らせ
   
平成25年度
                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

日経新聞 産経新聞 信濃毎日新聞 平成26年3月15日(土)郊外に生息するカラスは、都心部のカラスより広範囲に活動することが、杉田研究室による栃木、長野両県での行動調査で明らかになった記事が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

読売新聞 東京新聞 平成26年3月5日(水)杉田研究室が、カラスに図形を分類する高度な理解力があることを突き止め、研究成果が米学術誌の今年1月号に掲載されました。カラスが生ごみをあさる被害などの予防に応用できないか、さらに研究を進めている記事が新聞に掲載されました。

                

附属農場が新聞に掲載

                

日経新聞 平成26年3月1日(土)本学と情報戦略協定を締結している横浜国立大と協力し、両大学の連携の象徴となるオリジナルクッキー「森のバスケット」(1箱800円)を開発しました。附属農場で生産された農産物を材料としているのが特徴で、両大学の生協で販売を開始した記事が新聞に掲載されました。

                             

小寺祐二特任助教(農学部附属里山科学センター)が新聞に掲載

                

毎日新聞 平成26年2月26日(水)原発事故で全町避難の富岡町で、イノシシとブタを交配させた「イノブタ」が急増。現地視察経験のある小寺祐二特任助教が「原発周辺は人がおらず、耕作放棄が進むなどイノシシが住みやすい環境が広がり、数年後にはさらに繁殖する可能性がある。人への警戒を忘れた野生動物は人と近づきすぎ、事故が起こる危険性がある」と指摘した記事が新聞に掲載されました。

                

秋山満教授(農業経済学科)が新聞に掲載

                

読売新聞 平成26年2月4日(火)時評「農業の制度改革 周知を」記事が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

NHK 平成26年2月4日(火)午後6時40分~「とちぎ640」 内容:カラスの図面識別実験について(杉田研究室)

                

農学部がテレビに出演

                

とちぎテレビ 「イブニング6」午後6時00分~学生の研究成果を3分間のミニ番組で発表(各日午後6時30分頃放送予定) 【内容】(第1回)2月11日(火)藤井伸紀(植物生産学講座、修士2年生)『宇大発!ゆうだい21』 (第2回)2月18日(火)鈴木瑞穂(植物生産学講座、修士1年生)『発芽促進技術で花が身近になる!?』(第3回)2月25日(火)栗林美早・中川拓也(植物生産学講座、修士2年)『食事からヨウ素を摂ろう!!』

                

大久保達弘教授(森林科学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成26年1月26日(日)『林業女子会に期待』 森林から私たちは多くの自然の恵み「生態系サービス」を享受しています。山を守り、地域を守ることに関心を持ち意識もっと共有すべきと述べる記事が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

市民タイムス 平成26年1月23日(木)杉田研究室の竹田努研究員が長野県池田町のカラス対策に助言、基礎調査を実施した記事が新聞に掲載されました。

                

附属農場が新聞に掲載

                

下野新聞 平成26年1月15日(水)有機栽培を通して食の安全・安心や地産地消への関心を高めてもらおうと、3月8日に附属農場に開設する「オープンエコファーム」の参加者を募集する記事が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

テレビ朝日 平成25年12月16日(月)午後4時53分~7時00分「Super J チャンネル」内容:12月15日に京都でカラスが火の点いた蝋燭を持ち去りボヤ騒ぎが起こった事件に関してカラスの生態を解説(杉田研究室)

                

房相佑准教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

朝日新聞 平成25年12月13日(金)「だいこんサミット2013-だいこんの魅力に迫る」が12月21日(土)峰ヶ丘講堂にて午後1時~6時まで参加無料にて開催される記事が新聞に掲載されました。

                

大久保達弘教授・逢沢峰昭准教授(森林科学科)が新聞に掲載

                

朝日新聞 平成25年12月10日(火)世界の森林はいま、人口増加や経済成長に伴い、消失や荒廃の危機に面しています。そうした課題に対処すべく、日本やアジアを対象に「森づくり」の研究をしている森林科学科森林生態学・育林学研究室(大久保達弘教授・逢沢峰昭准教授)が紹介された記事が新聞に掲載されました。

                

秋山満教授(農業経済学科)が新聞に掲載

                

日経新聞 平成25年12月7日(土)減反廃止へ~コメのこれから~生産調整(減反)廃止に伴う補助金の見直しについて述べる記事が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がラジオに出演

                

TBSラジオ 平成25年12月7日(土)24時30分~25時03分「夢★エンジン」 内容:研究の面白さ、カラスをとおして生物学の不思議さ、若者へのメッセージなどを語りました。

                

関本均教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

読売新聞 平成25年11月17日(日)本学と読売新聞宇都宮支局が共催する公開講座「“未来学”へのチャレンジ-未来予測から未来構想まで」の第6回が16日、峰キャンパスで開かれました。関本均教授が「農学の未来-『生きとし生けるもの』を扱う『農』の可能性と課題」と題して講義した記事が新聞に掲載されました。

                

志賀徹名誉教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

                

毎日新聞 下野新聞 平成25年10月24日(木)大谷石採石場跡地の利用可能性を探ろうと、有識者が意見を交わすシンポジウム「地下があるから、できること。」が11月5日大谷資料館で開かれます。「大谷採取場跡地を軸とする地下空間の可能性」をテーマにパネルディスカッションが行われ、志賀徹名誉教授らが意見を交わす記事が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

TBSテレビ 平成25年10月22日(火)午後10時00分~11時03分「100秒博士アカデミー」 内容:カラスの駆除方法やカラスの学習能力などについて

                

附属農場が新聞に掲載

                

下野新聞 平成25年10月18日(金) フィールド教育をテーマとしたフォーラム「大学附属農場を核とするフィールド教育の新しい展開」が開催されます。会場:本学峰キャンパス大学会館2F多目的ホール13時~17時30参加費無料

                              

長尾慶和教授(附属農場)が新聞に掲載

                

朝日新聞 平成25年10月16日(水)附属農場を生かし、首都圏の他大学の学生を招いて「命を学ぶ共同授業」を展開しています。ウシを使った人口授精の実験でヒトの不妊治療を身近に感じさせるなど、学生たちが将来向き合う可能性のある課題を学んでいる記事が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成25年10月14日(月)杉田昭栄教授が会長を務める鳥獣管理技術協会が13日、宇都宮市内のホテルでシカ被害対策をテーマとした第4回鳥獣管理技術研修会を開催した記事が新聞に掲載されました。

                

神代英昭准教授(農業経済学科)がテレビに出演

                

NHK 平成25年10月13日(日)午前6時15分~6時50分 うまいッ!「ザクザクで味じゅわ~!絶品こんにゃく(滋賀 東近江市)」 内容:「うまいッ!」と声をあげたくなるほどおいしい食材を取り上げ、魅力を再発見する番組。今回は、歯ごたえザックザク!味の染めこみ抜群の滋賀県名産絶品こんにゃくの紹介が放映されました。

                

前田勇准教授(応用生命化学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成25年10月7日(月)ハシブトガラスの腸内微生物を調べたところ、鶏の腸炎「鶏コクシジウム症」を引き起こす寄生虫が大半を占めていることが、前田勇准教授らの研究で分かりました。最新のゲノム(遺伝情報)解析手法を用いており、カラス以外の生物や自然環境下での応用が期待される記事が新聞に掲載されました。

                

長尾慶和教授(附属農場)が新聞に掲載

                

朝日新聞 平成25年10月1日(火)家畜の体外受精、繁殖管理などについて調べる長尾慶和教授の研究室では、盲導犬の人工受精をテーマの一つとし、東日本盲導犬協会と協力して研究を進めている記事が新聞に掲載されました。

                

秋山満教授(農業経済学科)が新聞に掲載

                

読売新聞 平成25年10月1日(火)時評「日本の食 輸出への課題」記事が新聞に掲載されました。

                

飯郷雅之教授(応用生命化学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成25年9月23日(月)魚は脳にある血管嚢を通じて日の長さの変化を感じ、季節の移ろいに適応していたことが研究で分かったとの記事が新聞に掲載されました。

                

田村孝浩准教授・守山拓弥講師(農業環境工学科)が新聞に掲載

                

読売新聞 平成25年9月13日(金)本学と群馬県の農業系高校9校が今年2月に結んだ連携協定に基づく初めての事業として、農学部は10日教員による研究公開プロジェクトを実施しました。「大学の研究フィールドを歩いて学ぶ~研究の最前線を見に行こう」と題し、環境工学に関係する3高校から59人の生徒が参加しました。解説を田村孝浩准教授と守山拓弥講師が務めた記事が新聞に掲載されました。

                

農学部がテレビに出演

                

とちぎテレビ 平成25年9月10日(火)午後6時00分~「イブニング6」「ニュースワイド21」平成25年9月11日(水)午前6時30分~「NEWSとちぎの朝」内で、農学部と群馬県内の農業関係高等学校9校との教育研究連携に関する協定に基づく高大連携プロジェクト実施についての様子が放映されました。

                

農学部農業経済学科がテレビに出演

                

NHKテレビ 平成25年9月4日(水)午前7時45分~8時00分「おはよう日本」内で、農学部経済学科の学生が取り組んでいる「鹿沼ほうき保存プロジェクト」の活動について放映されました。

                

小金澤正昭教授(附属演習林)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成25年8月28日(水)市鳥獣被害防止対策協議会(会長・小金澤正昭教授)主催の「イノシシ被害防止研修会」が8月26日(月)、上河内地域自治センターで開かれ、農業関係者や地域住民ら約40人が参加した記事が新聞に掲載されました。

                

長尾慶和教授(附属農場)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成25年8月20日(火)iPS細胞の臨床研究が始まる中、県内でも自治医大が独自の研究を進めています。本学農学部の長尾慶和教授と連携し、ヒツジやブタといった大型動物の胎児にヒトのiPS細胞を移植して人間の血液や臓器を作る試みをしている記事が新聞に掲載されました。

                

志賀徹名誉教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

                

毎日新聞 平成25年8月9日(金)大谷石採石場跡地にたまった地下水を冷却システムに活用した夏イチゴ栽培の実証実験が、宇都宮市大谷町で進められています。実験に参加している志賀名誉教授が「宇都宮市での栽培が広がれば、市や大谷町の新たなブランド商品として展開できる」と述べる記事が新聞に掲載されました。

                

飯郷雅之教授(応用生命化学科)がラジオに出演

                

文化放送 平成25年8月7日(水)午前7時28分~7時36分頃 福井謙二 グッモニ「朝いちテレフォン」  内容:魚が季節を感じ取るメカニズムについて(飯郷研究室)

                

農学部附属里山科学センターが新聞に掲載

                

とちぎ朝日新聞 栃木よみうり新聞 平成25年8月2日(金)「狩猟の魅力まるわかりフォーラム」が8月3日(土)午後1時~5時、本学峰キャンパス峰ヶ丘講堂で開かれます。参加は無料。また、同日午前9時からは公開授業「野生動物管理のための鳥獣捕獲」が、農学部14号館3101教室で開かれる記事が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

日本農業新聞 平成25年7月28日(日)本学部と農業関連学科がある栃木県内の7高校による高大連携の「宇都宮大学アグリカレッジ」が27日、今年度の全日程を終え閉講しました。各校の2年生38人が参加。杉田昭栄農学部長が一人一人に受講証書を手渡した記事が新聞に掲載されました。

                

農学部が新聞に掲載

                

日本農業新聞 平成25年7月26日(金)埼玉県内の農業系高校の生徒が24、25の両日、本学部バイオサイエンス教育研究センターを訪れ、DNA分析作業を体験しました。本学と埼玉県内の農業高校8校は1月、農業教育の発展と人材育成を目的に「教育研究連携に関する協定書」に調印しており、体験は協定に基づく活動の一環として開かれた記事が新聞に掲載されました。

                

農学部附属演習林がテレビに出演

                

とちぎテレビ 平成25年7月24日(水)18時00分~19時00分「イブニング6」内で、附属演習林での小学校3~6年生向けイベント「おいでよ!森の学校へ~大学の森をたんけんしょう!~」の様子が放映されました。

村井保教授(生物資源科学科)がラジオに出演

                

TOKYO FM、RADIO BERRY 他 平成25年7月11日(木)午前6時40分~ COSMO EARTH CONSCIOUS ACT http://www.tfm.co.jp/earth/ 内容:村井研究室が開発した害虫駆除法の紹介 ※番組終了後に、機材の写真を番組HPに掲載予定

                

大久保達弘教授(森林科学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成25年7月7日(日)サイエンスらいおんカフェ第7回 7月15日(月)15時~17時 江野町の下野新聞 NEWS CAFAにて「栃木の里山林の放射性物質による汚染の今」をテーマに講演しました。

                

大栗行昭教授(農業経済学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成25年7月4日(木)足尾鉱毒事件と水俣病、福島第1原発事故から教訓を考える本学と群馬大学の合同学習会が6月30日から4日間の日程で行われました。コメンテーターとして登壇した大栗行昭教授は足尾鉱毒事件と水俣病の共通点として「公害企業は多大の被害が予測できたのに、利益を優先して十分な管理を怠った」「国による問題点のすり替えがあった」などと指摘した内容の記事が新聞に掲載されました。

                   

蕪山由己人教授(応用生命化学科)がテレビに出演

                

NHK総合テレビ 平成25年7月8日(月)8時15分~9時54分「あさいち」内 内容:麩の成分分析について、生物化学研究室の協力により放映されます。麩にアミノ酸の一種であるプロリンが多く含まれる事についてコメントをしています。

                

志賀徹名誉教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

                

読売新聞 平成25年6月28日(金)宇都宮市や本学、市内の農業流通業者などの産学官が連携して、大谷石の地下採取場跡地にたまっている冷たい貯留水を活用した夏季イチゴの栽培実験を始めました。志賀名誉教授が「今回の実験が成功すれば、低コスト、天然エネルギーでおいしいイチゴを育てられる。大谷石とイチゴという県の名産が結びつけばブランド価値もあり、地域振興の目玉にもなりうる」と述べる記事が新聞に掲載されました。

                                

志賀徹名誉教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

                

朝日新聞 平成25年6月24日(月)大谷石採石場跡地内の貯留水を活用した夏イチゴ栽培の実験栽培が産学官連携で始まりました。実験に参加している志賀徹名誉教授は「実用化されれば、低コストでおいしいイチゴが夏にも収穫できる。本格化すれば大谷地区のブランド商品として地域の活性化にもなる」と述べ、期待を込める内容の記事が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

NHK総合テレビ 平成25年6月21日(金)午前8時15分~午前9時54分「あさいち」(冒頭の10分程度) 内容:子育て期のカラスから身を守る方法 杉田研究室の協力により放映されました。

                

志賀徹名誉教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成25年6月19日(水)大谷石採取場跡地を活用した夏季イチゴ栽培の実証実験が始まり、貯留水の冷却エネルギーを使ってイチゴの苗を冷やす「クラウンパイプ冷却システム」が試されます。志賀徹名誉教授が「夏のイチゴ栽培を大谷で事業化し、ブランド化によるイメージアップや地域振興につなげたい」と述べる記事が新聞に掲載されました。

                               

守友裕一教授(農業経済学科)が新聞に掲載

                

福島民報 平成25年6月11日(火)中島村の行政区総合計画の策定目指し住民と行政、守友裕一教授のゼミが連携しワークショップを実施。魅力や課題を探り報告をまとめた内容の記事が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

産経新聞 平成25年6月8日(土)カラスが原因とみられる線路上の置き石トラブルが相次いでいる件について、「カラスはホモサピエンス以外で唯一、遊びをする生き物」「貯食の際につまんだ石をレールの上に置き、石が砕ける様子や音を楽しんでいるのではないか」と説明しています。

長尾慶和教授(附属農場)が新聞に掲載

                

全国農業新聞 平成25年6月7日(金)-大学附属農場進化する役割 他大学・学部生に門戸- 長尾慶和教授が「農学教育は細分化され、社会のニーズに合っていない面がある。大学附属農場は様々な新しい取り組みを通じ、よりグローバルな人材育成など新たな社会貢献をめざしている。川下を教える大学との交流は、6次産業化など今後求められる農業人材の確保にもつながると思う」と述べる記事が新聞に掲載されました。

                

大久保達弘教授(森林科学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成25年6月4日(火)樹木医講演会が6月7日(金)県総合文化センターサブホールにて開催され、大久保達弘教授が「福島原発事故による森林生態系に対する放射線の影響」と題して記念講演を行った記事が新聞に掲載されました。

                

秋山満教授(農業経済学科)が新聞に掲載

                

読売新聞 平成25年6月4日(火)時評「TPP 県内に大きな影響」記事が新聞に掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

朝日新聞 平成25年6月4日(火)栃木の大学探訪コーナーにて動物機能形態学研究室が紹介されました。カラスの脅威の学習能力などを明らかにしてきた杉田昭栄教授が、カラスの新たな能力を発見すべく、まだまだ興味が尽きないと述べる記事が掲載されました。

                

居城幸夫教授(附属農場)が新聞に掲載

                

日経新聞 平成25年5月30日(木)本学のオリジナル品種 コメ「ゆうだい21」が紹介されました。専門家の試験では、味・粘り・外観などの総合評価でコシヒカリを上回ったとのことです。附属農場での栽培と共に、周辺の農家に種子を販売。「いもち病」に強く茎が太くてかたいため風雨にも耐えられ好評を得ている記事が掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

NHK総合テレビ 平成25年6月16日(日)19時30分~19時58分「ダーウィンが来た!生きもの新伝説 聞いてびっくり!カラスの言い訳」 内容:カラスの実験について 杉田研究室の協力により放映されます。

                

関本均教授・平井英明教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成25年5月23日(木)関本均教授・平井英明教授・8名の学生から指導を受け、石井小5年生120人の田植え体験学習が行われた記事が掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

北海道新聞 平成25年5月23日(木)カラスが卵やひなを守ろうと人を威嚇する季節がやってきました。カラス攻撃の自衛策は、威嚇されたら背中を見せずにゆっくりと退却する、慌てたり騒いだりするとカラスを刺激するとコメントする記事が掲載されました。

                

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

テレビ朝日 平成25年5月6日(月)午後4時53分~7時00分「スーパーJチャンネル」午後4時30分頃のコーナーにて カラスの視覚の性質や特徴について解説しました。またカラス対策の製品について評価した内容が放映されます。

                

村井保教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

下野新聞 平成25年5月1日(水)化学合成農薬を使わず、従来より費用や農家の手間が軽減される画期的な害虫駆除法を開発した記事が掲載されました。

               

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

毎日新聞 平成25年4月23日(火)電柱に巣をつくり、停電事故を起こすカラスの生態や習性についてのコメントが掲載されました。

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

TBSテレビ 平成25年4月23日(火)午後4時53分~7時00分「Nスタ」午後6時15分頃のコーナーにて 繁殖期のカラスの習性や営巣の様子についての解説が放映されます。

杉田昭栄教授(生物資源科学科)がテレビに出演

                

読売テレビ 平成25年4月17日(水)午前7時の朝生ワイド「すまたん・ZIP」のコーナーにて、カラスの脳や視覚の発達および行動についての解説が放映されました。(写真と電話コーナーおよびビデオ対応でした)

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

朝日新聞 平成25年4月5日(金)甲府市の中心部で夕方になると、数百羽のカラスの群れが上空を舞います。自治体が対策に知恵を絞っている記事の中で杉田昭栄教授は、最近の研究で1日60キロ移動する例があるとしつつも「カラスは狭い範囲に定住するケースが多く、遠くまで群れで移動するとは考えにくい」と話します。「都市化でえさが見つかりやすく、ビルは風を防げる。カラスが近隣から集まり群れをなす現象は全国であり、甲府も同じでは」と解説した記事が掲載されました。

pdfはこちら                                 

杉田昭栄教授(生物資源科学科)が新聞に掲載

                

産経・下野新聞 平成25年4月1日(月)峰キャンパスで3月31日(日)、馬術部の学生が企画した体験乗馬会が始めて開かれ、近隣住民ら約20人が参加しました。同部顧問の杉田昭栄教授が「馬と人間は8千年の付き合いということが肌で感じられる」と述べた記事が掲載されました。

                
ページトップへ