HOME > 過去のお知らせ > マスコミ報道アーカイブス > 平成23年度
過去のお知らせ
   
平成23年度

菅原邦生教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成24年3月24日(土)大麦工房ロアとの共同研究により、いままで処分されていた県産の二条大麦の外皮を活用したカステラが発売されます。

夏秋知英教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成24年3月11日(日)放射線の簡易型測定器「シンチレーション式」と「GM管式(ガイガーカウンター)」空間線量の測定方法を解説しました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)がテレビに出演

テレビ朝日 平成24年3月7日(水)「スーパーJチャンネル」カラスの記憶力&人間の知恵が放送されました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

岡山新聞 平成24年2月24日(金)停電原因であるカラスの巣の撤去について、カラスなりに選び抜いた場所のため再建される場合が多く、なかなか有効な方策がないとのコメントが掲載されました。

米山弘一教授(雑草科学研究所センター)が新聞に掲載

下野新聞 平成24年2月15日(水)米山弘一教授が「リサーチフロントアワード」受賞に選出された記事が掲載されました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

電気新聞 平成24年2月14日(火)電線の営巣対策において、カラスの記憶力を知ることにより共存しようという取り組みが掲載されました。

大久保達弘教授(森林科学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成24年2月12日(日)宇都宮西ロータリークラブ主催の「足尾植林と環境共生フォーラム」で「森林の再生と生物多様性」について解説しました。

大澤和敏准教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成24年1月25日(水)「とちぎ寸志」フィンランドでは再生可能エネルギーの割合が約25%もあるが日本はわずか3%程度であることやこれからの環境保全とエネルギー利用について執筆しました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

朝日小学生新聞 平成24年1月19日(木)「カラスはなぜかしこいの?」カラスが食べ物のかくし場所を何か所も覚えていることやカラスの記憶力の実験を紹介しました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

山梨新聞 平成24年1月13日(金)街路樹のカラスのフン害についてカラスの習性や対策法と秋にカラスがねぐらに住み着く初期段階で対策を講じることが重要と解説しました。

吉澤緑教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

読売新聞 平成24年1月4日(水)「明日を耕せ」優良遺伝子解析体外受精のデザイナー子牛「Q52」の誕生とポストゲノムの研究が紹介されました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成23年12月20日(火)「Let's えいGO!」今週の英語ニュースにカラスの色の記憶の英文が掲載されました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成23年12月15日(木)「雷鳴抄」コラムで杉田教授のカラスの研究成果の記事が引用されました。

柏嵜勝准教授(附属農場)が新聞に掲載

下野新聞 平成23年12月10日(土)「アグリビジネス創出フェア2011」でイチゴの傷まない包装や非接触分析の研究結果紹介と柏嵜准教授の講演が掲載されました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成23年12月6日(火)中部電力と共同で行なわれた実験で、カラスは色を一年間も記憶を持続できることから、記憶の長さが分かれば対策の効き目が推定できるとの期待が掲載されました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)がテレビに出演

TBS 平成23年12月6日(火)「Nスタ」「ニュースバード」カラスの記憶は人間以上?カラスが一年前に学習した内容を覚えていることを証明しました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

The Japan Times 平成23年12月6日(火)カラスが色を少なくとも一年間は記憶できることを突き止めた実験内容等が掲載されました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

日本経済新聞 平成23年12月5日(月)中部電力と共同で行なわれた実験でカラスが少なくとも一年間は色を記憶できることを突き止めた記事が掲載されました。

高橋俊守特任准教授(附属里山科学センター)が新聞に掲載

毎日新聞 平成23年11月29日(火)里山の復興と鳥獣害対策の担い手「鳥獣管理士」の活動と原発事故による里山の課題を執筆しました。

山根健治教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

全国農業新聞 平成23年11月18日(金)「第15回トレハロースシンポジウム」でトレハロースが花の鮮度保持に有効であることを明らかにしました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)がテレビに出演

テレビ朝日 平成23年11月14日(月)「スーパーJチャンネル」甲府駅前のカラスの大群による糞害についてカラスの習性やかしこさを考慮した対策の必要性を解説しました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

しんぶん赤旗 平成23年11月2日(水)「ひと」動物行動学の国際誌に掲載されたカラスの「数の大小」認識実験やカラスの研究を始めたきっかけが掲載されました。

大澤和敏准教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成23年10月26日(水)「とちぎ寸志」防災対策として、確度の高い情報提供や防災意識の啓蒙、それに伴う生活様式の改善や各種制度の改変などのソフト面の強化について執筆しました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)がカナダのテレビに出演

DiscoveryChannelCanada 平成23年10月12日(水)カラス数量認識の研究が紹介されました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)がラジオに出演

TBSラジオ 平成23年10月10日(月)ニュース探検ラジオ「Dig」でカラスの生態を解説しました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成23年10月4日(火)動物行動学会誌「アニマルビヘイビア」掲載とカラスの数の学習実験内容が掲載されました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)がテレビに出演

テレビ朝日 平成23年10月4日(火)「モーニングバード」カラスの数の認識力を解明した実験映像と杉田教授のインタビューが放映されました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

東京新聞夕刊 平成23年10月3日(月)餌を使った実験でカラスが数の大小を認識できることを解明した記事が掲載されました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)が国際誌に掲載

動物行動学会誌「アニマルビヘイビア」平成23年10月3日(月)世界初 カラスの数の認識力を証明した実験が掲載されました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

毎日小学生新聞 平成23年9月14日(水)「疑問氷解」でカラスは黒いけど暑くないの?の疑問に口を空けて熱を逃すなどの体温調節の解説をしました。

吉澤緑教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

読売新聞 平成23年9月15日(木)優良遺伝子解析体外受精の「デザイナー子牛」は肉質が遺伝子解析によって最短で出産とともに予測が可能との記事が紹介されました。

山根健治教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成23年9月9日(金)「とちぎユニバーサル農業研究会」の第1回会合で山根健治教授が「園芸・農業の持つ多彩な効用について」をテーマに講演しました。

吉澤緑教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成23年9月7日(水)共同研究をしている優良遺伝子解析体外受精の「デザイナー子牛」の誕生により効率生産への期待の記事が紹介されました。

有賀一広准教授(森林科学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成23年8月4日(木)「森の健康診断」水源林への理解や木の健康状態を調査し間伐する必要性を説明しました。

水谷正一教授(農業環境工学科)松田勝准教授(バイオサイエンス教育研究センター)が新聞に掲載

下野・読売・産経新聞 平成23年7月14日(木)「メダカ里親の会」による野生メダカのDNA分析調査で県内に関東固有集団のメダカの単独生息地を発見した記事が掲載されました。

大澤和敏准教授(農業環境工学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成23年5月25日(水)「とちぎ寸志」県内の農畜産業について地元住民が安心して食することや行政機関も安全・安心な農畜産業を提供するように、これまで以上に検査等の実施など産官学民が一体となる大切さについて執筆しました。

夏秋知英教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

読売新聞 平成23年5月19日(木)日本植物病理学会賞を受賞した野菜のウイルス病の予防ワクチンの開発についてコメントしました。

夏秋知英教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

朝日新聞 平成23年5月14日(土)県が公表している各観測地の放射線量の値は観測方法・高さに違いがあるので数値比較は意味が無いことや健康被害に影響がないことを解説しました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)がラジオに出演

TBSラジオ 平成23年5月7日(土)「夢☆夢エンジン」で一番身近な鳥であるカラスの特有の遊びを紹介しました。

茅野甚治郎教授(農業経済学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成23年4月17日(日)原発事故による農産物の安全性に対して日本の食品衛生法の暫定基準値や一年間食べ続けた場合の線量について解説しました。

杉田昭栄教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成23年4月15日(金)「地震でカラス減った?」の記事に人間活動の変化がカラスに影響していると解説しました。

夏秋知英教授(生物生産科学科)が新聞に掲載

下野新聞 平成23年4月8日(金)ニュースで使われる放射線に関する専門用語「シーベルト」「ベクレル」や「ヨウ素131」「セシウム137」を解説しました。

ページトップへ