資料請求各種お問い合わせ宇都宮大学HOMEへ
生物生産科学科
HOME卒業後の進路 > 生物生産科学科 応用生物化学コース

生物生産科学科 応用生物化学コース - 生物生産科学科 応用生物化学コース

主な就職先(過去5年間)

公務員等 農薬検査所、農業研究機構動物衛生研究所、栃木県庁、栃木県警、茨城県白銀郵便局、群馬県、岐阜県白鳥町、宇都宮市、真岡市、いわき市、鶴ヶ島市
教員 栃木県立高校(宇都宮白楊、栃木農業)、埼玉県立羽生高校
団体職員 JAとちぎ、JA山形おきたま
一般企業ほか タカギフード、ヤマダイ食品、丸美屋、京樽、理研、伊藤ハム、第一屋製パン、紀文フードケミファ、ライオンマコーミック、ユアサナショック、岩下食品、やまう、日本フード食材、米久、みやけ食品、加藤美蜂園本舗、ダイショー、フードサプライジャスコ、デリカエース、名果、グリーンハウスフーズ、不二製油、太子食品工業、アマタケ、和光堂、武蔵野、名古屋めいらく、東洋水産、タカナシ乳業、丸源飲料、トオカツフーズ、山下畜産、赤城乳業、三菱化学安全科学研究所、アドバンテック、ロゼット、東上ガス、大塚製薬、東京個別指導、日本グラクソ、宇都宮化成、富岡調剤薬局、アース環境サービス、カテナ、ダイワ、青葉化成、日本天然物研究所、日新化工、住友製薬、TOKAI、(財)日本食品分析センター、大和化学工業、クスリのアオキ、山崎製パン、栃木ミツカン

主な進学先

先輩からのメッセージ

より良い製品を目指して

現在、私はDHC第二研究所食品研究室に勤務しております。仕事の内容は健康食品全般に関係し、製品が販売されるまでの一連の過程に携わるなど多岐に渡っています。具体的には、サプリメントのもととなる機能性素材の調査・探索やその素材を使用した処方、剤型(錠剤、カプセル)の決定、製造スケジュールの把握、業者とのやり取りなどです。大学時代に自分で考えやり遂げる力とコミュニケーション能力を養ったことが現在役立っています。これらの力は、興味の向くままに読んだ本や研究室に配属された後に研究を進めていく過程で身に着けました。今振り返ってみますと、自分で何か行動を起こした時に学んだことが大いに生きています。

大熊 宏宜
平成14年度生物生産科学科応用生物化学コース卒業
平成16年度生物生産科学専攻応用生物化学講座修了
現・(株)ディーエイチシー・DHC第二研究所勤務

宇都宮大学農学部(総務係) 〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 TEL: 028-649-5398 FAX: 028-649-5401
Copyright©The University of Utsunomiya. All rights reserved.