資料請求各種お問い合わせ宇都宮大学HOMEへ
生物生産科学科
HOME卒業後の進路 > 生物生産科学科 応用生物学コース

生物生産科学科 応用生物学コース

主な就職先(過去5年間)

公務員等 経済産業省、種苗管理センター、畜産草地研究所、野菜茶業研究所、横浜植物防疫所、徳島県、静岡県、福井県、茨城県、栃木県、福島県、山形県、宮城県、岩手県、青森県、三春町、釜石市、日光市、宇都宮市、下館市、那須塩原市、山形県警
教員 栃木県立高校(宇都宮白楊、那須拓陽、小山北桜)、海星学院、福島県立高校(会津農林、田島)
団体職員 国民生活センター、エコ和歌山組合、JA全農長野、JA足利農業協同組合、いわて生活協同組合
一般企業ほか 三井農林、あづま食品、富士食品工業、敷島製パン、トキタ種苗、宇都宮種苗、カネコ種苗、タキイ種苗、サカタのタネ、武蔵野種苗、東静岡ヤクルト、日本バイエルアグロケム、武田薬品工業、服部コーヒーフーズ、荒井食品、杏林薬品、植物ゲノムセンター、那須環境技術センター、三菱化学、大昭和製紙、マルハチ、コムテック、国土環境、富士フレーバー、サミット、ツムラ、コジマ電気、北興産業、協友アグリ、東芝プラント建設、ホテルハマツ、武井工業所、イカリ環境事業グループ、日本タイムシュア、環境研究センター、ブルボン、岩下食品、滝沢ハム、三幸、住友林業緑化、大塚製薬、ヤクルト、カルビー、三栄源FFI、ヤマザキナビスコ、海外貨物検査、片倉工業

主な進学先

先輩からのメッセージ

将来の農業担い手を育てる

私は「農業」の教員として、主に生物工学や草花の授業を教えています。植物の組織培養から品種改良の基礎・草花の栽培等、内容は多岐にわたります。生徒は、「新しい植物を作りたい!」「遺伝子組換えについて詳しく知りたい!」と様々な夢を持っており、応用生物学コース及び植物育種学研究室で学んだ高度な専門的知識や数々の実験等が日々の授業の糧となっています。また、何より大勢の先生方や友人に出会い、学んだことが今の私の原動力となっており、卒業後も側面からバックアップしてくれる研究室に感謝しています。農業を志す生徒に、農学の幅の広さを伝え、農業の楽しさを教えることが私の使命であると実感しています。

小笠原 郁英
平成16年度生物生産科学科
応用生物学コース卒業
現・栃木県立宇都宮白楊高等学校勤務

宇都宮大学農学部(総務係) 〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 TEL: 028-649-5398 FAX: 028-649-5401
Copyright©The University of Utsunomiya. All rights reserved.