資料請求各種お問い合わせ宇都宮大学HOMEへ
生物生産科学科
HOME卒業後の進路 > 生物生産科学科 植物生産学コース

生物生産科学科 植物生産学コース

主な就職先(過去5年間)

公務員等 農林水産省本省及び農政局(関東、東海、近畿)、食糧庁、家畜改良センター、栃木県、茨城県、群馬県、埼玉県、東京都、山梨県、福島県、青森県、秋田県、山形県、島根県、長崎県、宮崎県、宇都宮市、那須塩原市、さいたま市、中野市、米沢市、北塩原村
教員 栃木県立高校(宇都宮白楊、真岡北陵、那須拓陽、その他)、宇都宮短大附属高校、岐阜県立高校、福島県立高校、鯉淵学園、アジア学院
団体職員 千葉大学医学部、各JA(宇都宮、塩谷、志賀、宮崎中央、長野など)、経済連(神奈川、福島)、全農、共済連
一般企業ほか 丸大食品、山崎製パン、サンジェルマン、キューピー、滝沢ハム、キリンビール、赤城乳業、富士食品、ダイワ精工、日研化学、日本医薬品工業、医療法人宇都宮、(財)日本食品分析センター、環境プロデュース、アースコンサル、セキチュー、カインズ、タキイ、サカタのタネ、カネコ種苗、ミヨシ、ネポン、住化農業資材、関東農機、中部飼料、渡辺パイプ
海外青年協力隊 セネガル、ニジェール、マダガスカル

主な進学先

先輩からのメッセージ

イチゴと暮らす!

卒業後、私は家業であるイチゴ栽培の後継者として新たな一歩を踏み出しました。今は作業の手順を覚えるのに精一杯なので、一人前になるまでは両親に支えてもらう立場が続きそうです。大学生活で得た知識、経験、そして友達との繋がりは、後継者としてやっていけるのだろうかという不安を一掃してくれました。卒業論文でもイチゴについて研究しましたが、研究者としての教授、指導者としてのJA職員、生産者としての農家、そして消費者といった様々な視点からの意見を聞いて研究を進めることができました。このような多角的な物事の捉え方は、これから「農」への風当たりが厳しい現状を生き抜くための糧になると信じています。

小倉 徹也
平成19年度生物生産科学科
植物生産学コース卒業

宇都宮大学農学部(総務係) 〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 TEL: 028-649-5398 FAX: 028-649-5401
Copyright©The University of Utsunomiya. All rights reserved.