資料請求各種お問い合わせ宇都宮大学HOMEへ

バイオサイエンス教育研究センター

准教授
松田 勝 (まつだ まさる)

研究に関する一言・アピール

メダカのオスとメスとが決まる仕組み(性決定・性分化機構) の解明

サイトタイトル
バイオサイエンス教育研究センター(松田研究室)

 私の研究室では、遺伝学、発生生物学を基盤に分子生物学的手法を駆使して、メダカの性分化の仕組みを明らかにしようとしています。遺伝子破壊メダカや、遺伝子組換技術を駆使することで、生物のしくみを遺伝子のレベルで明らかにしようとしています。
  また、メダカの卵や稚魚は透明なので、蛍光タンパク質遺伝子を導入したトランスジェニックメダカを使うことで、生きたまま遺伝子の働きを調べるということも可能です。このような技術も併用して、「メダカの性別が決定されるしくみ」を明らかにしていきたいと考えています。
  図は、生殖細胞に緑色蛍光タンパク質が、眼に赤色蛍光タンパク質が発現する遺伝子導入(トランスジェニック)メダカです。

   
宇都宮大学農学部(総務係) 〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 TEL: 028-649-5398 FAX: 028-649-5401
Copyright©The University of Utsunomiya. All rights reserved.