資料請求各種お問い合わせ宇都宮大学HOMEへ

雑草科学研究センター

助教
謝 肖男 (しゃ しょうなん)

研究に関する一言・アピール

植物の生理活性に関与する物質の構造と機能解析を行っています

サイトタイトル
雑草科学研究センター(米山研究室)

植物は生理活性に関わる多種多様な二次代謝産物を生産・分泌しています。私達はこれら二次代謝産物の中でも、 ストリゴラクトンと呼ばれる化合物群を研究対象としています。ストリゴラクトンは、植物体内では地上部の枝分かれを制御する植物ホルモンとして機能し、 植物の根から土壌根圏に放出されるとアーバスキュラー菌根菌および根寄生雑草の宿主認識シグナルとして働いています。私達は、植物が作っているストリゴラクトンが どんな構造をしているのか、なんの作用を示しているのか、そして植物はどのようにしてストリゴラクトンを作ったのかを研究しています。この研究は最終的に根寄生雑草の駆除、 アーバスキュラー菌の共生促進による農作物の生産性の向上、枝分かれの調節を通じて作物の形質や品質の調整など、農業あるいは園芸への利用に向けた基盤情報だとなります。

   
宇都宮大学農学部(総務係) 〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 TEL: 028-649-5398 FAX: 028-649-5401
Copyright©The University of Utsunomiya. All rights reserved.