資料請求各種お問い合わせ宇都宮大学HOMEへ
HOME教員の紹介教育・研究施設 > 長尾慶和

教育・研究施設 附属農場

准教授
長尾 慶和 (ながお よしかず)

研究に関する一言・アピール

精子と卵子が受精・発生する仕組みを探り、その仕組みを動物生産やヒト医学へ応用します

サイトタイトル
繁殖生理学研究室

長尾研究室では、繁殖生理学・発生工学をベースに、実験室と牛舎で様々な研究を展開しています。実験室では、屠畜場で採材したウシ卵巣や胎子を用いて、卵子の受精や初期発生メカニズムの解明、あるいは核移植などの発生工学技術の確立、胚性幹細胞の分化誘導技術の確立、などを目的とした研究に取り組んでいます。最近では盲導犬の人工授精技術の確立にも取り組んでいます。これらの研究により得られた成果が、「優良家畜の生産」や「ヒト不妊治療」「ヒト再生医学」などに貢献することを目指しています。一方、牛舎では、ウシやヒツジの繁殖や栄養、生活環境などに関連する問題点を抽出し、「家畜が健やかに自分の能力を発揮できる飼養管理法の確立」を目指して、様々なフィールド試験を行っています。

放牧場前にて研究室メンバーと動物たち 実験のために飼っているヒツジ
宇都宮大学農学部(総務係) 〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 TEL: 028-649-5398 FAX: 028-649-5401
Copyright©The University of Utsunomiya. All rights reserved.