資料請求各種お問い合わせ宇都宮大学HOMEへ
HOME教員の紹介森林科学科 > 大久保達弘

森林科学科

教授
大久保 達弘 (おおくぼ たつひろ)

研究に関する一言・アピール

アジアの劣化した森で自然の恵みを高める森の育て方を探究

サイトタイトル
森林生態・育林学研究室

人間が森から享受する自然の恵みを生態系サービスといいます。人が木を植えたり森林に手を入れること(育林)で生態系サービス機能の高い森を持続することができます。私は日本の温帯のブナ林(写真左)や東南アジアのマレーシアやタイの熱帯林(写真右)で人の影響の少ない地域、例えば国立公園などの保護林、の森林の樹木集団の動き(遷移)を長期間にわたり調べています。また並行してその周辺で伐採、焼畑など人の影響が強いために劣化した森林(写真中はマレーシアの例)の樹木集団の動きを調べ、両者を比較検討することによって、劣化した森林の生態系サービスを高める森の育て方は何か?を追求しています。

 
宇都宮大学農学部(総務係) 〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 TEL: 028-649-5398 FAX: 028-649-5401
Copyright©The University of Utsunomiya. All rights reserved.