資料請求各種お問い合わせ宇都宮大学HOMEへ

生物生産科学科 応用生物化学コース

教授
東 徳洋 (あずま のりひろ)

研究に関する一言・アピール

生理活性をもつ乳タンパク質やペプチドに関する研究

サイトタイトル

乳に酸を加えると、一部のタンパク質は沈澱し、上清から分離される(図)。この沈澱はカゼインとよばれ、チーズの素になる。上清は乳清とよばれ、そこは様々な生理機能を持つタンパク質の宝庫であり、中でもヒトの乳に多量に含まれるラクトフェリンは感染防御をはじめ、抗酸化、抗がん作用等の機能を発揮し、そのスーパースターぶりが注目されている。
当研究室では、ヒトやウシの乳にタンパク質あるいはそれに由来する生理活性成分を求め、ラクトフェリンの他、例えば、神経の栄養となるもの、骨を強化するもの、免疫力を高めるもの等についての研究を進めている。また、数千気圧という超高圧下で乳タンパク質を処理し、牛乳の弱点であるアレルギーを起こす原因を抑えるような試みも行っている。

 
宇都宮大学農学部(総務係) 〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 TEL: 028-649-5398 FAX: 028-649-5401
Copyright©The University of Utsunomiya. All rights reserved.