資料請求各種お問い合わせ宇都宮大学HOMEへ

生物生産科学科 応用生物化学コース

教授
宇田 靖 (うだ やすし)

研究に関する一言・アピール

野菜成分の胃腸内における生理活性と化学的動態

サイトタイトル
食品化学研究室

野菜は私たちの健康保持に不可欠の食材ですが、日本で食卓に上る頻度が高い野菜と言えば,写真に示すようなアブラナ科とユリ科ネギ属のもので、利用される野菜全体の40%(重量)近くになります。これらの野菜は分子内に硫黄を持つ特徴的な成分(図)を多く含み、いずれもがんや心臓病など生活習慣病の予防に役立つと見られています。そうした機能を十分に発揮させるには、調理の仕方と合わせて、摂取後の消化管内における胃腸内細菌に及ぼす影響や胃腸内での化学的な反応性などを解明する必要があります。こうした研究を通じて野菜の持つ健康機能の活用と人々の健康的な食生活に貢献したいものです。

 
宇都宮大学農学部(総務係) 〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 TEL: 028-649-5398 FAX: 028-649-5401
Copyright©The University of Utsunomiya. All rights reserved.