資料請求各種お問い合わせ宇都宮大学HOMEへ
HOME教員の紹介生物生産科学科 > 夏秋知英

生物生産科学科 応用生物学コース

教授
夏秋 知英 (なつあき ともひで)

研究に関する一言・アピール

植物に病気を起こすウイルスの遺伝子解析とワクチン開発

サイトタイトル

植物も病気にかかります。病気による農作物の減収はアメリカだけで年間1兆円以上で、少しでも病害を減らせるならば、今後の食糧不足解決の一助となるでしょう。この植物の病原体には菌(いわゆるカビ)、細菌、ウイルスがいます。ヒトにインフルエンザやエイズなど多くのウイルス病があるように、植物にも千種以上のウイルスがいます。このような植物のウイルスを遺伝子から解明する、新しく迅速なウイルス検出法を開発する、農薬を使わないで防除するための「ワクチン」を開発する、という研究に取り組んでいます。ワクチン処理で、ヒトと同じように植物にも抵抗性がつきます。免疫力のない植物がどうして抵抗性になるのか、解明する研究も進めています。        

 
宇都宮大学農学部(総務係) 〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 TEL: 028-649-5398 FAX: 028-649-5401
Copyright©The University of Utsunomiya. All rights reserved.