資料請求各種お問い合わせ宇都宮大学HOMEへ
HOME教員の紹介生物生産科学科 > 松本浩道

生物生産科学科 動物生産学コース

准教授
松本 浩道 (まつもと ひろみち)

研究に関する一言・アピール

哺乳動物の生殖機構を明らかにし、発生工学に貢献する

サイトタイトル
松本浩道ホームページ

 哺乳動物の発生と生殖の仕組みを明らかにするとともに、発生工学的手法を開発し、優良家畜などの増産に貢献することを目標としています。具体的には、卵子の減数分裂再開から受精、初期胚発生、着床と妊娠の成立の分子機構の解明などを行っています。
  受精にしても着床にしても、異なる細胞が限られた時間だけその能力を獲得および許容し、その時期に出会えたもののみが個体へと発生していくことが可能になります。この雌雄、親子の相互関係の仕組みと不思議の謎解きに取り組んでいます。
  写真は、未受精卵、受精卵、着床前の胚、着床後の胚と子宮、着床前後の子宮の変化、胎子です。それぞれどれか、分かりますか?


 
宇都宮大学農学部(総務係) 〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 TEL: 028-649-5398 FAX: 028-649-5401
Copyright©The University of Utsunomiya. All rights reserved.