資料請求各種お問い合わせ宇都宮大学HOMEへ

生物生産科学科 動物生産学コース

教授
吉澤 緑 (よしざわ みどり)

研究に関する一言・アピール

哺乳動物における種々の生殖工学および作出された操作胚の正常性

サイトタイトル
吉澤緑ホームページ

近年の哺乳動物における生殖工学、発生工学の発展は目覚しく、クローン羊ドリーに代表されるように、昨日までは不可能と思われたことが今日には可能になるなど日進月歩です。しかし、これらの技術の安全性評価、特に細胞遺伝学的な正常性の評価は次世代への影響を考えるととても重要です。この写真は、ウシの体外受精胚で見られた異常な染色体像(3倍体)です。正常な受精では、卵子1個には1個の精子が侵入し受精することで正常な2倍体ができます。しかし、体外受精の場合には余分な精子が侵入して、この写真のような異常な受精が起こることがあり、発生途中で致死となります。私達は、種々の技術の下で正常な受精卵を効率的に作出する研究を行っています。

 
宇都宮大学農学部(総務係) 〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 TEL: 028-649-5398 FAX: 028-649-5401
Copyright©The University of Utsunomiya. All rights reserved.