資料請求各種お問い合わせ宇都宮大学HOMEへ
HOME教員の紹介 > 生物生産科学科

生物生産科学科 植物生産学コース

教 授
相田 吉昭 深海底堆積物中に含まれる微化石から地球環境の変遷を探る
関本 均 植物の食べ物(養分) ―植物の中での働き、食物連鎖系での動き―
平井 英明 土壌と自然環境と人々の営みに関する研究を行っています
本條 均 植物と環境,例えば温暖化の影響を探る
八巻 良和 植物の相互作用で病虫害を防いだり品質や収量を高められるか?他     
山根 健治 花の品質保持についての研究・生活園芸とアメニティ
准 教 授
柏木 孝幸 イネの生産性向上を目的とし、遺伝的要因と環境要因について研究しています。
高橋 美智子 生殖生長と植物に必須な元素の関わり、環境ストレスと植物
福井 糧 農業生産における微生物の知られざる潜在能力の探索とその利用開発
和田 義春 作物の光合成や成長を調べ,収量や品質を高める

 

生物生産科学科 動物生産学コース

教 授
菅原 邦生 鶏が餌の内容によって食べる量を調節する脳機能
杉田 昭栄 カラスの学習行動やそれをコントロールする脳の構造、また動物の目がどれだけ優れているかを行動や眼球の構造から調べています。
吉澤 緑 哺乳動物における種々の生殖工学および作出された操作胚の正常性
吉澤 史昭 最も古くて大切な栄養成分であるアミノ酸の新しい有効性の研究

准 教 授
福井 えみ子 効率の良い食料生産を目指したウシの肉質や乳量に関わる遺伝子解析
松本 浩道 哺乳動物の生殖機構を明らかにし、発生工学に貢献する
青山 真人 家畜がどのくらいストレスを感じているか、ストレスを減らせるか

助 教
佐藤 祐介 筋肉のサイズやタイプ(遅筋と速筋)の調節に関する研究

 

生物生産科学科 応用生物学コース

教 授
川崎 秀樹 昆虫の変態をコントロールする仕組みに関する研究
金子 幸雄 遠縁間交雑による雑種の育成とその後代植物の利用
夏秋 知英 植物に病気を起こすウイルスの遺伝子解析とワクチン開発
村井 保 植物の病気を媒介するアブラムシやアザミウマの生態と防除
准 教 授
岩永 将司 昆虫ウイルスのベクター化、及び感染増殖機構の解析
西川 尚志 ビール麦が病気になる分子メカニズムの解析
房 相佑 売ってよし、作ってよし、食べてよし安全・安心な野菜の品種改良

講 師
高橋 滋 日本に生息しているアブラムシ類にはどんな種類がみられるか、また、生活史が不明種の新たな未知の寄主植物の探索を行っている

助 教
香川 清彦 アブラムシ類の分類、多型性、生活環に関する研究

 

生物生産科学科 応用生物化学コース

教 授
東 徳洋 生理活性をもつ乳タンパク質やペプチドに関する研究
上田 俊策 環境低負荷高分子の生合成と生分解に対する微生物機能の応用
宇田 靖 野菜成分の胃腸内における生理活性と化学的動態
羽生 直人 セルロースをはじめとする木質系バイオマスの生分解メカニズム
蕪山 由己人 アミノ酸や脂質など主要生体物質の酸化還元制御に関する研究
准 教 授
飯郷 雅之 脊椎動物(主に魚類)の生物時計,季節繁殖,回遊の分子機構について
二瓶 賢一 紫外線障害を防ぐ有機小分子を創り出す
橋本 啓 野菜に秘められたパワーを引き出す加工調理法を考える
前田 勇 環境中の有害物質を簡易に検出する微生物バイオセンサーの開発
講 師
山田 潔
宇都宮大学農学部(総務係) 〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 TEL: 028-649-5398 FAX: 028-649-5401
Copyright©The University of Utsunomiya. All rights reserved.