山根 健治 教授 園芸学研究室 Kenji YAMANE, Professor
 
e-mail: yamane@cc.utsunomiya-u.ac.jp   (内線5417)

自己紹介:熊本県熊本市出身です.中学時代に理科の先生から,生物のおもしろさを教えて頂きました.恩師の崎山亮三先生に「君は花が好きそうだから花の研究をやっては」と指導して頂き,現在に至っています。栃木県に来て二十年を過ぎ,栃木が完全に第二の故郷となりました.現代のライフスタイルの中で花がもっと身近な必需品になることを願いつつ,研究に取り組んでいます.
専門分野:園芸学、花卉園芸学、人間植物関係学

主な研究内容
1)花の品質制御に関する研究
きれいな花は少しでも長く楽しみたいですね.色々な切り花や洋ランやカーネーションの鉢花の老化抑制,品質保持について研究しています.カーネーション,アスチルベ,ダリア,カトレア,ユーストマなどを扱っています
2)ハナモモの早期開花と生物季節に関する研究
本研究室では40品種以上のハナモモを栽培し,早期開花技術の開発や低温要求量など生物季節についての研究を行っています.種子繁殖したモモを1年目で花芽分化させる「SEEDピーチ」の開発に取り組んでいます.
3)洋ラン類のウイルス病,生理障害に関する研究
コ チ ョ ウ ラ ンの葉に黄斑が発生することがあります.この症状はウイルスや栽培環境によるストレスが原因と考えられます.その原因について検討しています.
4)園芸作物の福祉的利用についての研究
近年,園芸活動の福祉的利用は注目を浴びています.栃木県でも全県フラワーパーク化運動やとちぎいやしの園芸研究会のボランティア活動などが活発に行われています.園芸作物の消費者の下での心理的影響や福祉的な利用について研究しています.
☆花卉の研究に興味のある方は,花葉会HP全国花卉研究者リストへ

○主な開講科目
生物学概論(1年前期:長尾教員と分担):植物の進化、多様性,光合成,絶滅危惧種,共進化などについて.

園芸学汎論(2年後期:八巻教員と分担):園芸作物の栽培や利用の基礎となる生理・生態.

園芸作物学II(2-4年後期):観賞植物の生理生態や園芸作物全般のポストハーベストやマーケティング関連について.

分子生命科学II(2−4年後期:1回分担): 植物のシグナル伝達の仕組みについて,エチレン受容体などを例に解説.

人間生活と植物(基盤教育科目後期,本條教員と分担):西洋と日本の庭園,さらに園芸福祉の観点から植物と生活との関わりを語る.

生物資源の科学(農学部コア科目後期,分担):植物の多様な利用形態について概説.

花卉学特論(大学院):主要な花卉の生理・生態,生産技術,経済性および多面的役割などについて.

○著書等

図説園芸学.荻原勲編.分担. 2006.朝倉書店.〜園芸学の最新の情報をPowerPoint形式の図付きで提供.花の特性について執筆.

育てて楽しむ ペット植物.監修.家の光協会.2005.〜部屋で楽しめるかわいい植物たちの本.

栃木から世界をのぞく.分担・編集.下野新聞出版.2005.〜地方大学から環境へのまじめな提言!これを読むと宇都宮大学にどんな研究室があるのかも分かります.

切り花の品質保持マニュアル. 各論,p.54-55 カトレア,p104 ファレノプシス,p115アスチルベ,p124 シンビジウム,p129デンファレ(財)日本花普及 セ ン タ ー監修,流通 シ ス テ ム研究 セ ン タ ー.2006〜学術的情報も入った実用本

Horticulture in Japan 2006. 分担・編集協力.園芸学会編.2006. p11-14. I-4 Marketing system of horticultural crops. 〜日本の園芸の最新情報について果物,野菜,花の専門家が執筆した英語の本.
野菜園芸学.金浜耕基編.分担.2007. 文永堂出版.〜野菜の生産から消費や機能性までカラー図版で分かりやすく解説.第14章 野菜栽培の教育理念 2.市民農園,3.園芸療法について執筆.

○研究報告

花の品質制御
Yamane, K., S. Kawabata and N. Fujishige. 1999. Changes in activities of superoxide dismutase, catalase and peroxidase during senescence of gladiolus florets. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 68(4): 798-802.

Yamane, K., Y. Yamaki and N. Fujishige. 2004. Effects of exogenous ethylene and 1-MCP on ACC oxidase activity, ethylene production and vase life in Cattleya Alliances. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 73 (2): 128-133.

Yamane, K., T. Kawauchi, Y. T. Yamaki, and N. Fujishige. 2005. Effects of treatment with trehalose and sucrose on sugar contents, ion leakage and senescence of florets on cut gladiolus. Acta Hort. 669. 351-357.

Yamane, K., A. Inotsume, Y. Wada, A. Shimizu and M. Hayashi. 2007. Effects of ethylene inhibitors on indoor quality and longevity in potted carnations. Acta Hort. 755

山根健治・猪爪亜希・和田義春・林 万喜子・清水 明. 2008.低照度下における鉢花カーネーションの生理ならびに品質に及ぼす5-アミノレブリン酸処理の影響. 園芸学研究 7(1):115-121.

Yamane, K., A. Inotsume, Y. Nakajima, Y. Wada, Y. Yamaki, M. Hayashi, and A. Shimizu. 2010. Effects of light intensity, number of florets, and water stress on quality and soluble carbohydrate contents of potted carnation. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 79(3): 301-307.


ハナモモ
Pawasut, A. N. Fujishige, K. Yamane, Y. Yamaki and H. Honjo. 2004. Relationships between chilling and heat requirement for flowering in ornamental peaches. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 73 (6):519-523.

Tsukahara, K., K. Yamane, Y. Yamaki and H. Honjo. 2009. A nondestructive method for estimating the root mass of young peach trees after root pruning using electrical capacitance measurements. J. Agric. Meteorol. 65(2): 209-213.

塚原清子・山根健治・八巻良和・藤重宣昭・本條 均. 2009. 断根およびウニコナゾール処理がモモ1年生実生の花芽分化に及ぼす影響. 園学研. 8(3): 341-347.

Pawasut, A., K. Yamane*, N. Fujishige, K. Yoneyama, Y. T. Yamaki and H. Honjo. 2010. Influence of seed coat removal and chilling on abscisic acid content and germination in ornamental peach (Prunus persica Batsch) seeds. J. Hort. Sci. Biotech. 85(3):248-252.

コチョウラン,イチゴ

Yamane, K., K. Oyama, E. Iuchi, H. Ogawa, T. Suzuki and T. Natsuaki.2008. RT-PCR detection of Odontoglossum ringspot virus, Cymbidium mosaic virus and tospoviruses and association of infections with leaf-yellowing symptoms in Phalaenopsis. J .Phytopathology 156:268-273.

Pipattanawong, R., K. Yamane, N. Fujishige and Y. Yamaki. 2009. Effect of high temperature on pollen-pistil fertility and development of embryo and achene in 'Tochiotome' strawberry. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 78(3): 300-306.

園芸福祉関係
Yamane,K., M. Kawashima, N. Fujishige, M. Yoshida. 2004. Effects of interior horticultural activities with potted plants on human physiological and emotional status. Acta Hort. 639:37-43.

朴 昭英・山根健治・藤重宣昭・八巻良和. 2008.ホームユースのシクラメン鉢物の生育が消費者の感情に及ぼす影響. 園芸学研究7(2):317-322

Yamane, K., S-Y. Park, N. Fujishige and Y. T. Yamaki. 2008. Horticultural activities and programs may affect human ego states. Acta Hort. 775: 71-77.

Yamane, K. and M. Adachi. 2008. Role of daily horticultural activities in physical and mental QOL for elderly adults. Acta Hort. 790: 165-171.

Park, S.Y, J-S. Song, H-D. Kim, K. Yamane and K-C. Son. 2008. Effects of interior plantscape on indoor environments and stress level of high school students. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 77:447-454.

○国際学会発表
Park,S.Y. S. Takahashi, K. Yamane and Y. Yamaki.2006. Effects of Horticultural Activities on the Improvement of ADL, Desire for Participate, and Cooperation Levels in Cases of Dementia. 27th IHC, Seoul, Korea. P389. (Oral)

Yamane, K., A. Inotsume, Y. Wada, A. Shimizu and M. Hayashi. 2007.Effects of flower thinning, 5-aminolevlinic acid and ethylene inhibitors on Indoor quality of potted carnations. Quality  management in supply chains of ornamentals(QMSCO) 2007,Bangko,Thailand(Oral)

Pipattanawong, R.,K. Yamane, S-W. Bang and Y. Yamaki. 2008. Long term high temperature induced achene abortion and fruit malformation in strawberry. VI International Strawberry Symposium 2008. P221. Huelva. Spain (Poster)

○国内学会発表
ピッパタナウォン ラッラピー・山根健治・八巻良和.2009. 外生アブシジン酸処理がイチゴそう果と果実の発育に及ぼす影響.園学研.8(別1):200. 園芸学会春季大会.明治大.

Villanueva , E., K. Yamane and Y. Yamaki. 2009. Effects of combined treatments of trehalose and sucrose on postharvest quality and vase life of cut flowers in Astilbe x arendsii Arends. 園学研.8(別1):279. 園芸学会春季大会.明治大.

大平若菜・山根健治・竹田聡史・八巻良和.2009. MA包装および1-MCP処理がカーネーション鉢花の品質と袋内ガス組成に及ぼす影響. 園学研.8(別2):298. 園芸学会秋季大会.秋田大.


○共同研究・研究助成等

H21-23年度 鉢花におけるMA包装とエチレン阻害剤による品質改善とその評価 (科研費基盤研究(C) )

18-19年度 カーネーションの観賞性に関する調査研究(キリンアグリバイオ社と共同研究;JST顕在化ステージ

H17-18年度 ファレノプシスの黄斑症についての研究(花き生産協会洋ラン部会より委託)

○所属学会園芸学会人間・植物関係学会 (編集委員長),国際園芸学会
○社会活動:とちぎいやしの園芸研究会顧問
,ジャパンハーブソサイエティ(JHS)顧問

大学サークル活動:園芸研究会・現音顧問

略歴
1989年3月 東京大学農学部 農業生物学科 卒業
1991年3月 東京大学大学院 農学系研究科 修士課程修了
1991年4月  宇都宮大学 農学部 助手
1997年3月 博士(農学)取得  (東京大学)
1997年−  栃木農業大学校非常勤講師
1997年6月− 宇都宮大学 農学部 助教授
1999年−  東京農工大学 連学農学研究科 助教授併任
2004-10年 東京大学農学生命科学研究大学院非常勤講師 

2011年4月 宇都宮大学 農学部 教授

園芸学研究室植物生産学講座HPに戻る