[ホームサイトマップ>表計算]

表計算による生物統計解析

すべて例題の入った表計算(ExcelとCalc)ファイルにリンクしている.マクロは使用せず,組み込み関数のみでやっている.実行するには“開く”をクリックし,各自の数値を例題のように入れれば有意差の検定などまで自動的に行う.
外からデータをコピーしてもいいが,式でなく値のみのコピーとする.中でコピー,ペースト,計算などしないほうがいい(するなら別の窓で).
例示の余分のデータは,“数式や値のクリアー(Excel)”か,“内容の削除(Calc)”をする.ブラウザに戻るときは,“保存しない”.
  1. 2群の平均値間に差があるか.t検定
    1. 対になっている場合 Excel Calc
      最大42の観測値が対になった2群平均値間差
    2. 対になってない場合 Excel Calc
      群内数(最大42)が異なっても可
  2. 3処理(群)以上の平均値間に差があるか.分散分析
    1. 3処理以上の差の検定 Excel Calc
      最大10標本,12反復数まで.異なる反復数でも可
    2. 同上でブロック化した反復(乱塊法) Excel Calc
      最大20標本,15反復数まで
    3. ラテン方格法の分散分析 Excel Calc
      3,4,5標本の場合
    4. 欠測値のある乱塊法―欠測が1つのとき― Excel Calc
      最大10標本,10反復まで.
    5. 欠測値のある乱塊法―欠測が2つのとき― Excel Calc
      最大10標本,10反復まで.
  3. 2種類以上の処理を同時に比較したい
    1. A,B処理とあるもの(2元配置)で,反復がブロック化されている Excel Calc
      最大17品種(A処理),6環境条件(B処理),5反復までの分散分析と品種x環境交互作用
    2. 同上.反復がブロック化されていない Excel Calc
      同上
    3. 分割区試験(主区と副区に分ける) Excel Calc
      最大17主試験区,7副試験区,6反復までの分散分析
    4. 年次を含む分散分析 Excel Calc
      最大6年まで.各年次の分散分析は済んでいるものとする
    5. A,B,C処理とある(3元配置) Excel Calc
      最大4x3x3,3反復までの分散分析
  4. 差が有意との検定結果を得た.ではどの平均値相互間に差があるか
    1. 平均値間差の多重検定 Excel Calc
      最大10標本.Duncan と Tukey の方法.記号も付ける.lsd 計算.分散分析の済んだもの
  5. ノンパラメトリック法(母集団が正規分布とはいえない場合)
    1. 順位検定(符号検定) Excel Calc
      例えば2群の優劣比較の検定.
    2. Wilcoxonによる順位検定 Excel Calc
      対になった2群平均値間差の検定(最大30).同一順位は平均化した
    3. Mann-Whitneyによる順位検定 Excel Calc
      対になってない2群平均値間差の検定(合計最大43).同一順位は平均化した
    4. Spearmanによる順位相関 Excel Calc
      2群順位間の関連性(最大30).
  6. 母集団が正規分布や等分散しているか.データの変換
    1. 分布の正規性検定 Excel Calc
      最大276までのデータで散布図も描き,歪度と尖度を検定
    2. 分散不均一性検定 Excel Calc
      Bartlett により,最大10標本,各30データまでで,異標本大きさ可
    3. 値の変換 Excel Calc
      最大10x10までのデータの平方根,逆正弦,対数へ変換.元値への再変換
  7. 変数間がどの程度関連しているのか
    1. 相関行列 Excel Calc
      最大10形質,各50データまでの相関行列
    2. 偏相関係数 Excel Calc
      3形質,最大50データまでの偏相関係数
    3. 回帰式と有意性 Excel Calc
      最大42データまでの回帰式と回帰係数の有意性検定,散布図
    4. 安定性回帰式と有意性 Excel Calc
      最大10品種,15場所までの Finlay & Wilkinson による安定性検定,回帰式の値と差の検定
  8. 観測値が理論比に適合しているか
    1. カイ平方和 Excel Calc
      最大10級までの理論比適合検定
  9. 世論調査などでの誤差 Excel Calc
  10. T表,F表,カイ平方,相関の有意水準,多重検定のための値 Excel Calc
注;
解説は“生物統計学”講義ノートへ. 
ここでの Excel は Excel 2002(Windows XP)を使用. 最大数を超えたものをしたい場合,拡張は容易と思うので各自でどうぞ.
Calcは元のExcelのリンク記述などを訂正してCalcで保存しただけ.Calcについてはここを.
間違いを指摘下さったteruaki.koga様に深謝します.

以上