[ホーム指導学位論文>[報告]
本頁は,社会人入学して学位を取得したかたのご挨拶のいくつかです. 自分一人で見てるのは勿体ないので. 「親孝行になった」ってのにズシンときてます. プライバシー保護のため一部伏せ字にしています. 誰かなんて詮索しないで下さい.
その1
件名:大変お世話になりました。
送信者 :○○○○  

    吉田智彦先生

何から何までお世話になり大変ありがとうございました。
家内はもちろんですが、
父母とも健在の内に晴れ姿を見せることができ、
親孝行をすることができました。

父は20年後輩と話をすることができ、
研究、世代の大きな格差を感じたと
感慨深げでした。
民間で味噌醤油の品質向上に係わる研究を長年続け、
学位こそ取りませんでしたが
労働大臣賞までいただき、
研究に対するる造詣が深いだけに
学位論文を手に取り
指先で文字をおいながら大変喜んでくれました。

母は、ここのところ体調が優れなかったのですが、
愚息のために足を運び
式典に出席させていただき
ただただうれしいの連発でした。

家内は、お父ちゃんが学位を取ったんだから、
今度は私が大学に行ってもいいよね。
とメラメラと対抗心を燃やしており
これまた大変だと苦笑しているところです。

午前中は場長はじめ場員にお礼の挨拶に伺って参りましたが、
後に続けとの意欲が他の研究員からも伝わり、
よい効果になったのではとこれまた感謝しております。

これからもご指導いただきたくよろしくお願い申し上げます。
メールで大変失礼ですが、
まずは取り急ぎ御礼申し上げます。

○○県○○試験場
 ○○部長 農学博士
 ○○ ○○

その2

以上