植物生産学特別ゼミ(修士コース)

発表の様子本ゼミは,宇都宮大学生物生産科学専攻・植物生産学講座の各学生が文献を紹介するとともに,自分のテーマとの関連と進行状況をプレゼンテーションし,全学生と教員が参加しディスカッションします.

日頃からPowerPointとプロジェクターを用いた発表に馴れると共に,異分野の人にも分かりやすいプレゼン能力を身につけることを目的としています.

原則8月,3月を除く第2,4金曜日の12:30〜13:30に3302教室で開催.他講座,学部生なども自由に参加を.ランチ持参可.

木曜昼には次回の課題名をこの下に掲載します.

H22年度の発表者とタイトル一覧



		

平成22年度前期 植物生産学特別ゼミ ゼミ発表表題

月日

発表者

発表表題

4/23

加藤 摩利子

全球凍結と生物進化

5/07

塚田 英樹

Villanueva G. Evelyn Elizabeth

『常緑性ツツジ挿し木苗における根系の特性について』

小林信雄・宮崎まどか・伴 琢也・中務 明・足立文彦(2010)

園芸学研究 9 (1):25-29.

『Changes in leaf water relations, gas exchange, growth and

flowering quality in potted geranium plants irrigated with different water regimes』

Sanchez-Blanco MJ, Alvarez S, Navarro A and Bano S (2009)

Plant Physiology 166:467-476.

5/21

大平 若菜

渡邉 香

『Reduced water availability improves drought tolerance of potted miniature roses: Is the ethylene pathway involved?』
Lise A, Michelle HW and Margrethe S (2004)

J. Holtic. Sci. Biotechnol. 79:1-13.

『Environmental Control in Tea Fields to Reduce Infection by Pseudomonas syringae pv. theae

Tomihama, T., Nonaka, Y., and Arai, K. 2009.

Phytopathology 99:209-216.

6/04

加藤 摩利子

大竹 あさひ

『オウトウ ‘佐藤錦’ の裂果と果実肥大特性』
山本隆儀・工藤 信・渡部俊三 (1990) Journal of the Japanese Society for Horticultural Science 59 (2) : 325-332.

『水の供給源に着目した日本における仮想的な水輸入の内訳』
犬塚俊之・新田友子・花崎直太・鼎信次郎・沖大幹 (2008)

水工学論文集第52巻

6/18

名越 勇樹

後藤 俊介

『転換畑ダイズ作における有芯部分耕栽培が土壌水分および生育・収量に及ぼす影響』

吉永悟志・河野雄飛・白土宏之・長田健二・福田あかり(2008)日本作物紀事 77(3):299-305.

『土壌型と潅漑水質が影響するヒマワリ種子の脂肪酸構成の変化について』
G. Cucci, A. De Caro, G. Lacolla, R. Di Caterina and E. Tarantino (2004) INTERNAL WORKSHOP AND SPECIAL SESSION on Management of Poor Quality Water for Irrigation (September 9-10)

7/02

塚田 英樹

澤田聡美

『有機物マルチが畦畔法面のグラウンドカバープランツの生育および雑草発生に及ぼす影響』

大谷一郎・渡辺 修・伏見昭秀(2009)雑草研究 54(3):129~138.

『浸漬処理法を利用した高カルシウム含量レタスの生産について』

井上興一・高山 伸・横田弘司(1995)

日本土壌肥料学雑誌 66(4):381-387.

7/16

Villanueva G. Evelyn Elizabeth

渡邉 剛

吉平 恵依

『Effects of bactericides, phosphonates and nutrient amendments of blast of dormant flower buds of pear: a field evaluation for disease control』

Emilio Montesinos and Pere Vilardell (2001)

European Journal of Plant Pathology 107:787-794.

『Starch Content and Granule Size Distribution in Grains of Wheat in Relation to Post-Anthesis Water Deficits』
T. Zhang, Z. Wang, Y. Yin, R. Cai, S. Yan & W. Li (2010)

Journal of Agronomy and Crop Science (2010) p1-8.

『トマト水耕栽培の無機成分の日施用法における施用量が収量、品質および無機成分吸収量に及ぼす影響』

中野有加・渡辺慎一・川嶋浩樹・高市益行(2006)

園芸学雑誌 75:421~429.

7/30

大平 若菜

渡邉 香

石川 明史

『ハクサンハタザオによるカドミウムのファイトレメディエーション』

久保田洋,菅原玲子,北島信行,矢島聡,谷茂 (2010)

日本土壌学会雑誌 81:118-124.

『三倍体ビワに対するGA3とCPPU処理が無種子果の成長と品質に及ぼす影響』

八幡茂木・三輪正幸・佐藤三郎・小泉均・松井弘之 (2006)

Hort. Res. (Japan) 5:157‐164.

『Leafminers help us understand leaf hydraulic design』

Andrea Nardini, Fabio Raimondo, Maria A. Logullo and Sebastiano Salle (2010)

Plant, Cell and Environment 33, 1091?1100.




以前の発表者とタイトル一覧	

植物生産TOPに戻る