教育・研究  植物生産学講座は作物を中心とした有用植物の生産と利用に関する基礎的・応用的教育を包括し、生物学や化学等を基礎とした6つの研究室(作物栽培学園芸学比較農学土壌学植物栄養学地質学)から構成され,11名のスタッフが所属しています.附属農場雑草科学研究センターのスタッフも,本講座と密接に関連した教育・研究を行っています.植物の生育する土壌や温帯−熱帯の有用植物を対象として、世界的視野に立った農業立地、地域農業の成立条件およびその相互比較に関する理論と応用について教育・研究を行います。このような教育・研究を通して,植物生産に直接携わる研究者,技術者とともに農業行政,アグリビジネス,国際農業、および企業等で活躍できる幅広い視野の人材育成を行います。 植物生産学講座HP に戻る

Education&Research    Plant Science course provides the students with knowledge of basic and applied sciences concerning the food crops and other useful plant resources or their products. The basis of plant production lies in biology and chemistry; the course includes 11 staffs and six laboratories specializing in soil science, geology, plant nutrition, crop science, horticulture, and comparative agriculture. Our education program aims to integrate theories of plant production in regional as well as global scale, with an emphasis on soil and plant resources in different agriculture environments. We corporate with laboratories in University Farm and Weed Sceice Center.       Top page Plant Science