微生物工学 教育研究分野 本文へジャンプ
教員紹介

氏名前田 勇(MAEDA, ISAMU)
所属・職名宇都宮大学農学部応用生命化学科
微生物工学教育研究分野
准教授
最終学歴大阪大学大学院薬学研究科博士前期課程修了
学位博士(薬学)
連絡先028-649-5477
i-maeda(at)cc.utsunomiya-u.ac.jp
((at)は@に変換してください)
職歴 ・大阪大学薬学部助手
(1年半、スイス・ローザンヌ大学客員研究員を兼任)
・宇都宮大学農学部助教授
・作新学院大学非常勤講師(〜H27.3)
・宇都宮大学農学部准教授(現職)
・栃木県試験検査精度管理委員会委員(兼職)
・とちぎ食の安全・安心推進会議委員(兼職)
研究歴 主に光合成細菌の応用を目的とした研究や有害金属を検出するバイオセンサー開発に取り組んできました。 ここ数年間は酵母、納豆菌、乳酸菌、バクテリオファージといった微生物も研究対象としています。
マスコミ報道 宇都宮大学・杉田昭栄先生との共同研究のカラス腸内細菌叢の解明に関する研究成果が下野新聞で報道されました。 微生物の機能を利用したバイオセンサーの研究成果が、時事通信共同通信日本経済新聞読売新聞日刊工業新聞、日経産業新聞、日経バイオテクオンライン等で報道されました。
研究費獲得 科学研究費補助金(基盤B、基盤C、若手B、奨励A)、NEDO産業技術研究助成、JSTシーズ発掘試験、企業との共同研究費を研究代表として獲得しました。科学研究費補助金(基盤A)に研究分担者として参画しています。
受賞歴 平成18年度生物工学奨励賞(日本生物工学会)
研究指導方針 情報収集などにおける各自の主体性を尊重するとともに、きめ細かい実験内容の指導を心掛けるようにしています。
自己紹介 生まれも育ちも大阪でスイス留学を経て10年以上前に宇都宮に異動してきました。 現在、家族4人で暮らしています。オフには、子供とのゲームや、スポーツ観戦・映画鑑賞、 随分と長く乗り続けている愛車の原付スクーターの修理・整備などをして過ごしています。