研究内容

 微生物が持っている潜在能力を人間社会に役立てることを念頭に研究を行っています。

 現在は、微生物がある環境条件になると細胞内にエネルギー貯蔵物質として貯えるポリ ヒドロキシアルカン酸(ポリエステルの一種、生分解性プラスチック材料)を研究対象として、アルコール類 などからのポリヒドロキシアルカン酸の微生物生産に関する研究および細胞内における分解に関する研究を行っ ています。ポリヒドロキシアルカン酸の細胞内代謝(生合成と生分解)を解明し網羅的に理解することは、ポリ ヒドロキシアルカン酸の効率的な微生物生産に繋がると考えられ、生産のための培養法といった応用的研究に加 えて、生合成と生分解に関連する諸酵素の特性や遺伝子発現の解明、細胞内分解能を欠損した生産株の作成とい った基礎的研究を分子生物学手法も取り入れて行っています。

 また、未利用資源の有効利用と微生物による有用物質生産という観点から、 とくに植物系農産廃棄物を原材料としたポリヒドロキシアルカン酸の微生物生産にも興味を持ち、 微生物株のスクリーニングや機能改善に関する研究も行っています。

担当講義科目

大学院修士課程:応用微生物学特論I、応用生物化学研究法(分担)

学部:微生物学、応用微生物学、分子生命科学II(分担)

その他

 上記研究内容の他に、微生物そのもの、物質生産や環境面などに関連した微生物機能の解明・改変・有効活用に対して、問い合せ先 e-mail uedashun@cc.utsunomiya-u.ac.jp, TEL 028-649-5475

 

2分野共通ホーム

If you have any questions, please contact our Webmaster or phone (028-649-5475, UEDA).
Copyright 2004-2006 Lab Appl Microbiol, Fac Agriculture, Utsunomiya Univ. All rights reserved.