HOME > 学科・コース > 生物生産科学科 > 応用生物化学コース
学科・コース
       

生物生産科学科は、平成25年4月より、生物資源科学科及び応用生命化学科に改組しました。

応用生物化学コース

バイオサイエンスを通じて社会に貢献

 生物や生体分子の働きを解明することで豊かな暮らしを形成する科学技術を追い求める、スペシャリストが集っています。
 活動を通じて、食品や環境科学、化学などの産業界で活躍できるエキスパートを育成します。このため、生物化学を基礎科目として重視しており、学生は各種実験法を修得するとともに実験の正確さ、さらには論理的な思考力を身につけていきます。4年次になると研究室に所属し、卒業論文やゼミナールを通して専門分野に対する深い知識や創造性を養います。将来、企業などの研究者を目指して大学院へステップアップする学生も多くいます。

微生物が代謝した物質の分析
遺伝的に眼球のない実験用ラット 卒業論文の発表会

取得可能な資格・免許

  • 高等学校教諭一種免許状(農業、理科)
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員資格

主なカリキュラム(一部抜粋)

1年


【必修基礎科目】
・農業と環境の科学
・生物資源の科学
・基礎生物化学
・基礎有機化学
・基礎分子生物学




・農学部コア実習
2年 【選択必修科目】
・微生物学
・分子生命科学
・生物化学
・生物科学実験
3年 【選択必修専門科目】
・食品化学
・生物無機化学
・生物有機化学
・応用微生物学
・高分子材料化学
・食品生化学
・応用生物化学実験
4年 卒業論文
ページトップへ