HOME > キャリア支援 > 卒業後の進路 > 生物生産科学科(応用生物学コース)
キャリア支援
卒業後の進路

生物生産科学科 応用生物学コース

主な就職先(過去5年間)

公務員等 栃木県、茨城県、群馬県、福島県、千葉県、山形県、山形県警、さくら市、さいたま市、館山市
教員 埼玉県
団体職員 各JA(上都賀、塩谷、下野、芳賀野、館林、秋田ふるさと、笛吹)、宇都宮大学
一般企業ほか イービーエム、宇都宮証券、オニックスジャパン、オハヨー乳業、海外貨物検査、新進、全薬工業、滝沢ハム、タマポリ、デジタルインフォメーション・テクノロジー、東京フード、東邦銀行、栃木銀行、栃木スバル自動車、ナガノトマト、中山商事、名古屋製酪、日新薬品工業、日本ハムファクトリー、野村総合研究所、ビーエイチエヌ、開倫塾、富国生命保険相互会社、マルシンフーズ、みたけ食品工業、武蔵野、山崎製パン、米沢食肉公社、理研グリーンなど

主な進学先

  • 宇都宮大学大学院
  •    
  • 東京大学大学院
  •          
  • 東京農工大学大学院
  • 横浜国立大学大学院
  • 奈良先端科学技術大学院大学

先輩からのメッセージ

将来の農業担い手を育てる

私は「農業」の教員として、主に生物工学や草花の授業を教えています。植物の組織培養から品種改良の基礎・草花の栽培等、内容は多岐にわたります。生徒は、「新しい植物を作りたい!」「遺伝子組換えについて詳しく知りたい!」と様々な夢を持っており、応用生物学コース及び植物育種学研究室で学んだ高度な専門的知識や数々の実験等が日々の授業の糧となっています。また、何より大勢の先生方や友人に出会い、学んだことが今の私の原動力となっており、卒業後も側面からバックアップしてくれる研究室に感謝しています。農業を志す生徒に、農学の幅の広さを伝え、農業の楽しさを教えることが私の使命であると実感しています。

小笠原 郁英
平成16年度生物生産科学科
応用生物学コース卒業
現・栃木県立宇都宮白楊高等学校勤務

ページトップへ