HOME > キャリア支援 > 卒業後の進路 > 生物生産科学科(動物生産学コース)
キャリア支援
卒業後の進路

生物生産科学科 動物生産学コース

主な就職先(過去5年間)

公務員等 栃木県、島根県、結城市、東京消防庁
教員 栃木県、群馬県
団体職員 JAなんすん、JA富士市、いばらき文化振興財団、日本自動車連盟、宇都宮大学
病院 宇都宮記念病院、あべウイメンズクリニック、ミューズレディースクリニック、田園レディースクリニック
一般企業ほか DOTインターナショナル、飯島畜産、宇都宮証券、オリジン、関東マツダ、三幸製菓、ジェイイーティーファーム、ジェイワークス、塩野義製薬、新洋、曽我の屋農興、滝沢ハム、チャーム、東北容器工業、トマル、トモヱ乳業、中村畜産、那須高原リゾート開発、日新丸紅飼料、日本チャンキー、阪神畜産、フリーデン、ホクト、瑞穂農場、武蔵野、リニカル、科研製薬、三菱東京UFJ銀行、常陽銀行、足利銀行、日本食研ホールディングス、林牧場など

主な進学先

  • 宇都宮大学大学院
  • 自治医科大学大学院

先輩からのメッセージ

動物と関わる醍醐味

私の仕事は動物の飼育員です。私は今年から草食動物の担当をしていて、キリンやシマウマ、バイソンなどを担当しています。コースの授業や繁殖生理学研究室でウシやヒツジと共に学んできたことは、現在、仕事の上で重要な土台となりました。動物を管理する上で重要なのは動物の生態を知ることです。飼料決定には生理学、栄養学が、繁殖計画には繁殖学、育種学が、動物を扱う上では形態学がその根底にあります。春の出産ラッシュではムフロンやバイソン、キリンの子供が生まれましたが、この時には研究室で出産の経過観察を何回もした事が大きく役立ちました。日々、動物から教わることが多く毎日が勉強で、これには終りが無いですが、最近はそこがこの仕事の醍醐味なのかもしれないと思うようになりました。

渡辺 千恵
平成18年度生物生産科学科
動物生産学コース卒業
現・富士サファリパーク勤務

ページトップへ