HOME > キャリア支援 > 卒業後の進路 > 生物生産科学科(植物生産学コース)
キャリア支援
卒業後の進路

生物生産科学科 植物生産学コース

主な就職先(過去5年間)

公務員等 農林水産省、法務省、航空自衛隊、栃木県、群馬県、福島県、静岡県、宇都宮市、足利市、鹿沼市、小山市、高根沢町、郡山市、角田市、七戸町、芳賀地区消防本部
教員 栃木県、茨城県、群馬県、福島県、山形県、群馬大学附属中学校
団体職員 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、JA全農(栃木、茨城)、各JA(上都賀、小山、下野、吾妻、信州上田、飛騨、里浦など)、栃木県環境技術協会、ふくしま連携復興センター
一般企業ほか YAMANAKA、アース環境サービス、足利銀行、上野製薬、上原園、小野瀬フーズ、小山本家酒造、片倉チッカリン、神山物産、木下商事、キューピー醸造、キンセイ、さくら食品、サンワアグリビジネス、ジャスコインタナショナル、タカムラ、千葉スバル自動車、とちぎテレビ、栃木ミサワホーム、冨田農園、日本海水、ファイブエイトゴルフクラブ、富士食品工業、富士通エフサス、フラワーオークションジャパン、ホクト、ミヨシ油脂、山崎製パン、ヤマダフーズ、やまびこ、横倉本店、類設計室、ローマイヤ、井関農機、花弘、㈱日本栄養給食協会、岩下食品、東日本旅客鉄道、綿半インテックなど

主な進学先

  • 宇都宮大学大学院
  • 横浜国立大学大学院

先輩からのメッセージ

イチゴと暮らす!

卒業後、私は家業であるイチゴ栽培の後継者として新たな一歩を踏み出しました。今は作業の手順を覚えるのに精一杯なので、一人前になるまでは両親に支えてもらう立場が続きそうです。大学生活で得た知識、経験、そして友達との繋がりは、後継者としてやっていけるのだろうかという不安を一掃してくれました。卒業論文でもイチゴについて研究しましたが、研究者としての教授、指導者としてのJA職員、生産者としての農家、そして消費者といった様々な視点からの意見を聞いて研究を進めることができました。このような多角的な物事の捉え方は、これから「農」への風当たりが厳しい現状を生き抜くための糧になると信じています。

小倉 徹也
平成19年度生物生産科学科
植物生産学コース卒業

ページトップへ