アグリ支援機構 宇都宮大学農学部

トップページなんでもQ&A出前授業技術相談コラムお問合せ
何をしているの?

高校向けの公開授業
高校生向けのアグリカッレッジ

スーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)とは

  文部科学省が指定した、科学技術、理科・数学教育を重点的に行う高等学校のことで、カリキュラムの開発、大学や研究機関等との効果的な連携方策についての研究を推進し、将来有為な科学技術系人材の育成に資するものです。                          宇都宮大学ではそのお手伝いとして、高校生を対象とした研究施設や教育施設の開放及び公開授業などを承っております。                                       お問い合わせはこちら
サイエンス・パートナーシップ・プログラム

サイエンス・パートナーシップ・プログラム(SPP)とは

  文部科学省において開始された「科学技術・理科大好きプラン」の一つで、子どもに対する特別授業や学習プログラムの開発、教員に対する最先端の科学技術に関する研修等を実施するものです。                          宇都宮大学ではそのお手伝いとして、高校生を対象とした研究施設や教育施設の開放及び公開授業・出前授業などを承っております。                                          お問い合わせはこちら

●2011年度SPP講座
「人に利用されることによって維持される人工林のしくみ」
栃木県内の高校生を対象に、演習林における野外実習の体験を通して、意見発表や討論を行い、科学的根拠に基づく森林の複眼的な見方についての理解を深めることを目的とし、開講されました。

8月4日

午前:(演習林パス移動)オリエーテーション、
午後:ヒノキ人工林密度試験地で野外調査、過密人工林の風倒被害地と間伐のなされた人工林の観察

8月5日

午前:(宇都宮大学峰キャンパス)データ入力・整理、講義
午後:講義、意見発表・総合討論

●2011年度SPP講座
「深海底堆積物・コア試料の微化石から古環境を知ろう
※科学技術振興機構公募のSPP(サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト)として、農学部が参画する宇都宮高等学校の授業。東京大学理学系研究科・海洋研究開発機構(JAMSTEC)高知コア研究所とが連携し、開講されました。

6月7日

第1回講義「微化石とは何か?」
相田 吉昭

6月21日

第2回講義:「生物岩をつくる微化石」
相田 吉昭

7月7日 第3回講義「チャレンジャー号の探検航海から地球深部掘削船ちきゅうによる深海底掘削」
相田 吉昭
7月16日 第1回実習「深海底堆積物を観察する」
相田 吉昭
8月8日 第4回講義「放散虫化石から年代と古環境を探ろう」
 相田 吉昭
8月 9日
第2回実習「深海底堆積物やコア試料から微化石プレパラートを作成・観察する」
相田 吉昭
8月 27日 第3回実習「微化石の検鏡と写真撮影」
相田 吉昭
9月 17日 第5回講義「地球環境変動とサンゴ礁」
茅根 創(東京大学理学系研究科 教授)
9月 24日 第4回実習「微化石の走査電子顕微鏡観察と写真撮」
相田 吉昭
10月 15日 テ ゙ ー タ解析「微化石の種の同定と古環境・年代推定」
相田 吉昭
11月 1日 第6回講義「地球システム学でとらえる地球温暖化問題」
茅根 創(東京大学理学系研究科 教授)
12月 10日 まとめ「プレゼンテーション」
相田 吉昭

●2009年度SPP講座「首都圏食農学サポーター講座」
(7月13日,7月31日〜8月2日)

7月13日 プレ講座「里山の景観と農業の現状」
高橋 俊守
7月31日 「食・農・地域ズム−農高生がゆく!」
 高橋 一徳
7月31日 「地域興しと食糧生産」
 神代 英昭
7月31日 「食品の色と香りの生成:調理と加工との関係」
宇田 靖
8月1日 「クローン牛誕生の秘密」
 長尾 慶和
8月 1日
「規格外食材利活用の高度利用による起業」
大塚 美恵子
実習等体験学習も交えながら首都圏の高校生を対象に実施。
高校生向けのアグリカッレッジ

アグリカレッジとは

  アグリカレッジ 宇都宮大学の農学部と県立の農業関連の高校が互いに連携し、 生徒たちの向学心の向上を目的にした講義です。 農業を科学するをメインテーマに、講義が行われます。

講義内容

Contents

 

●2015年度アグリカレッジ開講講座 ( 6月 6日〜 7月 25日)


6月6日 開講式
第1回 「植物の生長を制御する植物ホルモン」
野村 崇人
6月13日 第2回 「植物に病気を起こす病原体の紹介」
西川 尚志
第3回 「水や土の保全を考え実験してみよう!」
大澤 和敏
6月20日 第4回 「私たちの暮らしと森林、野生動物とのかかわり」
大島 潤一 ・ 飯塚 和也
7月4日 第5回 「学園祭からマーケティングを考える」
杉田 直樹
第6回 「食品の『プルプル』『トロトロ』の科学―食感と多糖」
金野 尚武
7月18日 第7回 「サトウキビとバイオ燃料―代替エネルギーの具体性と妥当性」
福井 糧
第8回 「育ち盛りのイネを観察しよう」
高橋 行継
7月25日 第9回 「木材の構造」
石栗 太
閉講式

 

●2014年度アグリカレッジ開講講座 ( 6月 7日〜 7月 26日)


6月7日 開講式
第1回 「木質バイオマスのエネルギー利用」
有賀 一広
6月14日 第2回 「マッチョな体と霜降り肉の秘密―筋肉は食べ物だけでコントロールできるか?―」
佐藤 祐介
第3回 「野菜などの調理・加工に伴う成分変化―変色の化学」
橋本 啓
6月21日 第4回 「学園祭からマーケティングを考える」
杉田 直樹
第5回 「果樹の科学」
居城 幸夫
7月5日 第6回 「植物ホルモン交響楽団の新メンバー紹介」
野村 崇人
第7回 「皆で議論して・発表するグループワークを体験してみよう!」
齋藤 高弘
7月19日 第8回 「私たちの暮らしと森林、野生動物とのかかわり」
飯塚 和也 ・ 大嶋 潤一
7月26日 第9回 「2年生の課題学習と3年生の発表会」
杉田 昭栄 ・ 夏秋 知英 ・ 齋藤 高弘
閉講式

 

●2013年度アグリカレッジ開講講座 ( 6月 8日〜 7月 27日)


6月8日 開講式
第1回 「コメのDNA鑑定」
松田 勝
6月15日 第2回 「学園祭からマーケティングを考える」
杉田 直樹
第3回 「資源循環を目指した食料生産 −農学部附属農場の取組−」
柏嵜 勝
6月22日 第4回 「野菜などの調理・加工に伴う成分変化 −変色の化学−」
橋本 啓
7月6日 第5回 「マッチョな体と霜降肉の秘密 −筋肉は食べ物だけでコントロールできるのか?−」
佐藤 祐介
第6回 「皆で議論して・発表するワークグループを体験してみよう!」
齋藤 高弘
7月20日 第7回 「森林植物の多様性と調べ方」
逢沢 峰昭
第8回 「私たちの暮らしと森林、野生動物とのかかわり」
小金澤 正昭
飯塚 和也
7月27日 第9回 「2年生の課題学習と3年生の発表会」
杉田 昭栄
夏秋 知英
齋藤 高弘
閉講式

 

●2012年度アグリカレッジ開講講座 (6月9日〜7月28日)


6月9日 開講式
「里山の食べ方-自然の恵みの持続的利用のしくみ-」
大久保 達弘
原田 淳
平井 英明
6月16日 「マッチョな体と霜降肉の秘密-筋肉は食べ物だけでコントロールできるのか?-」
佐藤 祐介
「森と木と暮らし」
山本 美穂
6月23日 「農産物貿易と日本の食料・農業・農村」
加藤 弘二
「野菜などの調理・加工に伴う成分変化-変色の化学」
橋本 啓
7月2日 「里山の食べ方−自然の恵みの持続的利用のしくみ−」
大久保 達弘

大澤 和敏
原田 淳
「野菜などの調理・加工に伴う成分変化―変色の化学」
橋本 啓
7月21日 「果樹管理+α」
八巻 良和
「クローン牛誕生の秘密」
長尾 良和
7月28日 「私たちの暮らしと森林、野生動物とのかかわり」
小金澤 正昭
飯塚 和也
閉講式

                                                       

●2011年度アグリカレッジ開講講座 (6月4日〜7月30日)

6月4日 開講式
「哺乳動物の生殖 −初期胚発生と妊娠の成立−」
松本 浩道
「植物の染色体を観察しよう」
金子 幸雄
6月11日 「食べることの経済学
- 社会における経済学の役割について学ぼう -」
児玉 剛史
「環境マップを作ってみよう −GIS入門−」
福村 一成
6月18日 「果樹の結実管理」
八巻 良和
「クローン牛誕生の秘密」
長尾 慶和
7月2日 「里山の食べ方−自然の恵みの持続的利用のしくみ−」
大久保 達弘
大澤 和敏
原田 淳
「野菜などの調理・加工に伴う成分変化―変色の化学」
橋本 啓
7月16日 「山は何故くずれるのか?」
執印 康裕
7月 30日 「私たちの暮らしと森林、野生動物とのかかわり」
小金澤 正昭
飯塚 和也
閉講式

●2010年度アグリカレッジ開講講座 (6月19日〜9月11日)


6月19日 開講式

「哺乳動物の生殖 −初期胚発生と妊娠の成立−」
松本 浩道

6月26日 「マーケティング入門一歩前〜魅力的な商品づくりについて考えてみよう〜」
大谷 尚之
7月 3日 「植物遺伝資源探索の基本テクニックを学んでみよう!」
小林 幹夫
7月17日 「除草剤は危険なのか?米作りを通して食の安全を考えよう」
高橋 行継
8月7日 「里山の食べ方−自然の恵みの持続的利用のしくみ−」
大久保 達弘
平井 英明
原田 淳
8月 9日
「植物の染色体を観察しよう」
金子 幸雄
8月17日 「私たちの暮らしと森林、野生動物とのかかわり」
小金沢 正昭
飯塚 和也
8月 18日 「野菜と果実の加工に伴う成分変化−香味の発生と発色の化学」
宇田 靖
9月4日 「イネの生産性向上を目的とした遺伝子座の探索」
柏木 孝幸
9月11日 「環境マップを作ってみよう−GIS入門−」
福村 一成

閉講式

●2009年度アグリカレッジ開講講座 (5月23日〜9月5日)


5月23日 開講式

「グローバル化時代の食と農」
大栗 行昭

5月30日 「コラーゲンの生化学」
  田中 秀幸
6月 6日 「森のパイオニア−アカマツ林と人のかかわり−」
  大久保 達弘
6月13日 「野菜F1品種のたねあかし」
房 相佑
6月27日 「メダカのDNA鑑定〜メダカの遺伝的性別を知る〜」
 松田 勝
7月 4日
「食料生産の源−光合成の基礎−」
和田 義春
7月18日 「イワダレソウ改良種による環境保全の取り組み」
倉持 仁志
8月 8日 「里山の食べ方−自然の恵みの持続的利用のしくみ−」
 那珂川プロジェクト
8月17日 「私たちの暮らしと森林、野生動物とのかかわり」
小金澤 正昭 ・飯塚 和也
8月20日 「食糧を生産するために必要な人間の力、機械の力、自然の力」
柏嵜 勝
8月26日 「環境マップを作ってみよう−GIS入門−」
福村 一成
9月 5日 「様々な顔を持つ栄養素〜アミノ酸〜」
吉澤 史昭

閉講式

●2008年度アグリカレッジ開講講座 (5月24日〜9月6日)


5月24日 開講式

「土壌の特徴と肥料の役割」
平井 英明

5月31日 「雑草からみた私たちの暮らし」
 西尾 孝佳
6月 7日 「コラーゲンの生化学」
田中 秀幸
6月14日 「昆虫ウイルスのバイオテクノロジー」
 岩永 将司
6月21日 「高等動物としての家畜−その性質を知ろう−」
青山 真人
7月 5日
「この木なんの木?−細胞からみる樹木−」
石栗 太
7月12日 「生物の成長および生殖にかかわる天然生物活性物質」
柳沢 忠
8月 6日 「環境といろいろな生き物について考えてみよう」
高橋 俊守・福村 一成
8月18日 「私達の暮らしと森林、野生動物とのかかわり」
小金澤 正昭 ・飯塚 和也
8月30日 「球根植物の巧みな戦略」
居城 幸夫
9月 6日 「アジアの食料消費」
茅野 甚治郎

閉講式

2007年度アグリカレッジ開講講座 (5月26日〜9月8日)


5月26日 「人々の生活と雑草との関わり」
小笠原 勝
6月 2日 「昆虫の巧みな生活」
 村井 保
6月9日 「生物多様性を保全するための環境形成技術〜特に水田水域を対象として〜」
 水谷 正一
6月 23日 「貿易ゲームから考える途上国と日本の農村問題」
 守友 裕一
6月30日 「海−サトウキビ−微生物:地球温暖化を左右する3つの要因」
 福井 糧
7月 14日
「農林業リモートセンシング」
  松英 恵吾
8月3日
・4日
「クローン牛誕生の秘密」
 長尾 慶和
8月6日 「日本の牛“黒毛和牛”について学ぼう」
 福井 えみ子
8月17日 「私達の暮らしと森林、野生動物とのかかわり」
小金沢 正昭 ・飯塚 和也
9月 1日 「食品の色と香りの生成:調理、加工との関係」
宇田 靖
9月 8日 「生物無機化学−食の安全と重金属−」
深見 基弘

●2006年度アグリカレッジ開講講座 (5月27日〜9月9日)


5月27日 「木材の化学成分を色の変化で識別する」
 横田 信三
6月 3日 「昆虫の不思議な生活」 〜アブラムシの生物学〜
 高橋 滋
6月10日 「生物多様性を保全するための環境形成技術」 〜水田水域〜
 水谷 正一
7月 8日 「切り花の生理学」
 山根 健治
7月22日 「貿易ゲームから考える途上国と日本の農村問題」
 守友 裕一
8月 4日
・ 5日
「クローン牛誕生の秘密」
  長尾 慶和
8月18日 「私達の暮らしと森林、野生動物」
 小金沢 正昭 ・ 飯塚和也
8月21日 「チャレンジ・ニューバイオテクノロジー」  その1
 塚本 利朗
8月22日 「チャレンジ・ニューバイオテクノロジー」 その2
塚本 利朗
9月 2日 「食品の色と香りの生成:調理、加工との関係」
宇田 靖
9月 9日 「家畜の体を知りその生活様式を考える」
杉田 昭栄

●2005年度アグリカレッジ開講講座 (5月28日〜9月10日)


5月28日 「ニワトリの観察実習」
 菅原 邦生
6月 4日 「昆虫の不思議な生活」 〜アブラムシの生物学〜
 高橋 滋
6月11日 「生物多様性を保全するための環境形成技術」 〜河内町の現地見学〜
 水谷 正一
7月16日 「マウスの体外受精及び発生に関する実験・講義」
 吉澤 緑
8月 6日 「果物作りから気候温暖化を考える」
 本條 均
8月20日 「私たちの生活と森林とのかかわり」 〜森林の基本的な考え方、樹木の見方〜
 谷本 丈夫・小金澤 正昭・飯塚 和也
8月27日 「チャレンジ・ニューバイオテクノロジー」
 塚本 利朗
9月 3日 「動物形態学の実習・講義」  〜動物の基本をなす構造や家畜を育てる際に大切と思われる体の仕組みについて〜
 杉田 昭栄
9月10日 「日本と世界の食糧問題」
 秋山 満
「日本と世界の環境問題」
 加藤 弘二

●2004年度アグリカレッジ開講講座 (5月29日〜9月11日)


5月29日 「農業に役立つ化学知識」
 関本 均
6月 5日 「 アブラムシの生物学」
 高橋 滋
6月12日 「 昆虫の器官と顕微鏡標本の観察」
  川崎 秀樹
7月10日 「 植物に病気を起こす菌類(カビやキノコの仲間)」
  奥田 誠一
8月 7日 「食料生産の源 ― 光合成の基礎」
  和田 義春
8月21日 「食中毒の原因とその防止」
  福井 糧
8月28日 「新品種育成の基礎技術」
  金子 幸雄
9月 4日 「チャレンジ・ニューバイオテクノロジー」その1
  塚本 利朗
9月11日 「チャレンジ・ニューバイオテクノロジー」その2
  塚本 利朗
「日本と世界の食糧・環境問題」
  秋山 満