HOME > 在学生・修了生からのメッセージ > 生物生産科学専攻応用 生物化学講座修了 阿部 宏美
教員紹介
 在学生・修了生からのメッセージ

自分の手掛けた製品が市場に出る醍醐味

生物生産科学専攻
応用生物化学講座修了
阿部 宏美(旧姓大関)

現在、私は、株式会社シーボンの研究課に所属し、化粧品の開発研究を担当しています。弊社は販売しているスキンケア製品の研究~製造販売までを一貫して自社工場で行っています。私の所属する研究課では、新製品の開発研究や既存製品の改良、肌データの測定や分析などを行っており、より高い満足度と安全性を兼ね備えた化粧品づくりに取り組んでいます。
モニターから試作品の意見を聞きながらお客様のニーズを正確に汲み取り、それを製品化していくのは簡単ではありませんが、自分の手掛けた製品が市場に出るということは、開発の醍醐味です。
学部・大学院在学中は、生物有機化学研究室で生理活性物質や阻害剤の作用機序について研究を行っていました。その中で多くの知識や科学的な考え方等を学ぶことができ、今の仕事を進めていく上でとても役立っています。

 

 

 

 

略歴

  • 平成15年度生物生産科学科応用生物化学コース卒業
  • 平成17年度生物生産科学専攻応用生物化学講座修了
  • 株式会社シーボン 研究課勤務
ページトップへ