HOME > 農学部について大学院(農学研究科)について > 生物生産科学専攻 > 資源循環・土地利用型畜産学分野
農学部について
   
生物生産科学専攻

資源循環・土地利用型畜産学分野

農業生産物加工残渣及び畜産廃棄物を肥料等有用利用資材として、また、飼料やエネルギー源として有効利用することで、農業及びそれを担う農村社会の自然環境機能を維持・向上させるとともに、持続的な生物生産を図るため設置され、畜産廃棄物の処理・利用技術に資する物質循環学、物質変換学、草地生態保全学、放牧家畜管理学の学際分野の教育と技術開発に向けた高度な研究を行うことにより、環境保全的な循環社会の発展に貢献できる研究者・高度専門家の育成を図る。

教員紹介

専攻名称 生物生産科学専攻
修士講座等 資源循環・土地利用型畜産学分野
      
教員氏名 教育研究分野 専門分野 内容
森 昭憲 草地生態学 草地生態学 草地生態系の構造と機能の解明
野中 和久 飼料学 飼料学 草地管理および飼料資源の調製技術
菅野 勉 飼料作物学飼料作物学 飼料作物の栽培管理に関する研究

授業科目

生物生産科学専攻 資源循環・土地利用型畜産学分野

  • 農村生態学特論
  • 農村物質循環特論
  • 草地学特論
  • 植生マネジメント学特論 ※
  • 家畜生産学特論 ※
  • 農村社会構造学特論I ※
  • 地域生態系工学 ※
  • 植物・土壌微生物学特論 ※

※は、他講座の授業科目と同一

生物生産科学専攻 共通科目

  • 生物生産科学特別講義I~VIII
  • 生物生産科学特別実験I・II
  • 生物生産科学特別研究I・II
ページトップへ