HOME > 農学部について > 教員紹介 > バイオサイエンス教育研究センター
農学部について
教員紹介

バイオサイエンス教育研究センター

教授

           
米山 弘一 植物と植物あるいは植物と微生物の情報交換に関与する植物由来の化学物質の構造や作用機構を、生物有機化学的手法によって解析しています。特に新しい植物ホルモンのストリゴラクトンを中心として研究を行っています。
松田 勝 ほとんどの動物に雌雄は存在し、精巣を持つか卵巣を持つかという大きな違いがあります。この雌雄間のちがいはどのように生じるのでしょうか?メダカをモデルに雄雌差の生じるしくみを明らかにしたいと考えています。
    

准教授

    
野村 崇人 植物の生長のしくみを「化学物質」という分子の視点から理解するため、「植物ホルモン」などの低分子の天然生理活性物質を定量したり、その生合成に関与する遺伝子を解析しています。
児玉 豊 温度依存的な植物細胞小器官運動の分子細胞生物学研究によって、温度変化に対する植物細胞の応答機構の解明を目指しています。またタンパク質工学を用いて細胞内分子イメージング技術の開発にも取り組んでいます。

助教

謝 肖男 植物が生産するストリゴラクトンは、地上部の枝分かれを制御するとともに、根圏に放出されるとAM菌および根寄生植物の宿主認識シグナルとして働いています。本研究室ではストリゴラクトンを中心に、構造解析や生理活性の解明などを研究しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ