HOME > 農学部について > 教員紹介 > 農業経済学科 > 原田 淳
農学部について
農学部農業経済学科(農業経営情報学)・農学研究科農業経済学専攻
原田 淳

准教授

原田 淳

はらだ じゅん

農業経営や農村社会が持続していくためには組織がどのように機能していけば、その機能をどのように高めたらよいかを研究しています。

詳細はこちら

農業経営学

農業経営組織に関する研究

学生が農家に経営内容の聞き取り調査をしているところ

どんな経営でも、なにがしかの組織に属しているものです。特に、生産規模も人員的にも小規模な農業経営は、組織無しには成り立ちません。古来から作業で、近代に入って流通対応で、最近では技術や情報で、組織の役割は不可欠です。そうした組織は、多くが農村社会を土台にしたものです。その農村社会も、地域社会の維持・発展のためには、組織の再構築が必要になっています。農業に関わる様々な組織は特殊性を持っており、どうしたら機能を発揮できるかは、奥深い課題です。

農村地域の持続的システムをいかに形成するか

農村集落の将来について話し合っているところ

都市から離れた農村ほど過疎に悩み、集落を維持することに苦しんでいます。ところが、そうした地域ほどエコに役立つ知識やシステムが眠っているし、無縁社会とは縁遠い世界です。そうした現代社会が学ぶべきモデルとなりうる要素も、近代化の波にのまれて消えようとしています。そうした要素を近代的な社会システムの中に取り込むことはできないのか。あるいは農村社会に近代的な要素を取り込んでエコで持続的な社会へと再構築することはできないのか。人と人のつながりを組織論的に分析することで、ヒントを見いだせないかと模索しています。

文献リスト

  1. 東北・関東における普通畑作経営の研究,『農業経営研究の軌跡と展望』日本農業経営学会編,農林統計出版,2012
  2. 農業のキャリア形成におけるセーフティーネットとしての農協・部会組織,『(日本経営年報No.7)農業におけるキャリア・アプローチ』金沢夏樹・納口るり子・佐藤和憲編,農林統計協会,2009
  3. 栃木県の家族酪農経営における垂直的多角化の意義,『(酪総研選書No.78)ここまでできる家族酪農経営』久保嘉治編著,酪農総合研究所,2003
ページトップへ