HOME > 農学部について > 教員紹介 > 農業環境工学科 > 守山 拓弥
農学部について
農学部農業環境工学科(環境システム工学)・農学研究科農業環境工学専攻
守山 拓弥

講 師

守山 拓弥

もりやま たくみ

農村には,豊かな自然があり、多くの生物がいます。しかしながら、暮らしや農業形態の変化によりこうした生物は減少しつつあります。こうした農村にすむ生物の保全をめざし研究に取り組んでいます。

詳細はこちら

水田水域における魚類の生態に関する研究

田んぼ周辺の水路における魚類調査風景

水田は淡水魚の「ゆりかご」と言われています。これは、天敵が少なく、プランクトンなどの餌も豊富な水田がコイ目やナマズ目の淡水魚にとり大切な産卵生育の場となっているからです。また、水田の周辺の小川にも多くの魚があふれています。一方、こうした水田周辺の水辺環境は近年の農業形態の変化などにより大きく改変しています。私たちは、こうした水田周辺の水域における魚類の調査を行い、その保全対策を検討しています。

農村地域の生態系の高次捕食者であるフクロウの生態に関する研究

フクロウの雛

農村地域の自然は里地里山、あるいは二次的自然と呼ばれ、豊かな生態系が育まれる場所として知られています。一方、近年の農業や生活の変化により、こうした地域の生き物が減少していることも指摘されています。私たちは、こうした農村地域の生態系の高次捕食者であるフクロウに注目し調査研究を行っています。そして、その生態の解明を通じてこうした地域の自然環境の保全に取り組んでいきたいと考えています。

文献リスト

  1. 守山拓弥,藤井伸一,田村孝浩,「逆面エコ・アグリの里」の事例に見る地域住民主体の順応的管理の取組み,水土の知(農業農村工学会誌),78(2) :7-10,(2010)
  2. 守山拓弥,藤咲雅明,水谷正一,後藤章,農業用の小河川,農業水路および河川間に形成された水域ネットワークにおけるウグイの移動-栃木県西鬼怒川地区における事例-,農業農村工学会論文集, 76(2):1-10,(2008)
  3. 守山拓弥,水谷正一,後藤章,栃木県西鬼怒川地区の湧水河川におけるホトケドジョウの季節移動,魚類学雑誌,54(2):161-171 ,(2007)
ページトップへ