HOME > 農学部について > 教員紹介 > 生物生産科学科
農学部について
教員紹介

生物生産科学科 植物生産学コース

教授

相田 吉昭 海洋中にプランクトンとして生息している放散虫はガラス細工のような繊細な殻をもった単細胞の生き物です。生物生産性が高い赤道太平洋や中高緯度の湧昇流 海域では、放散虫が大量に生産されて、その殻は深海底に放散虫軟泥を形成します。このような珪質堆積物の成り立ちと化石放散虫の進化について研究していま す。
関本 均 植物の養分吸収や栄養生理のメカニズムに関する基礎研究のみならず、肥料の利用法や人間栄養に貢献する植物栄養のあり方について研究しています。
平井 英明 水稲の肥培管理に関する研究や東南アジアの傾斜地および里山における農学的研究に取り組んでいます。
本條 均 植物を用いた温暖化・都市化の影響評価と温暖化しても安定した果実生産を可能とする技術開発を行なっています。
山根 健治 切り花や鉢花の品質保持、花桃の早期開花などについて生理学や分子生物学的な手法で研究を行っています。

准教授

    
柏木 孝幸 イネの生産性向上を目的とし、遺伝的要因と環境要因について研究しています。
高橋 美智子 生殖生長、種子成熟と形態形成の植物栄養学、細胞内金属制御機構、環境ストレスと植物
福井 糧 有益微生物や有用植物資源を活用した環境保全型の作物病害防除法や資源循環型の栽培法の構築
和田 義春 作物の光合成や成長を調べ、イネなどの作物の収量や品質を高めることを目的にしています。

講師

黒倉 健 バラ科植物の花成制御について、その機構の解明を目指しています。

生物生産科学科 動物生産学コース

教授

菅原 邦生 家禽のエネルギー摂取量と消費量のバランスを調節する仕組みを解明する。
杉田 昭栄 鳥はどのような色が見える。鳥はどうして果物の熟れが分かる。鳥はどのような能力を持っている。これらを解明し、ヒトと野鳥の間の問題解決ををも研究している。
吉澤 緑 哺乳動物における種々の生殖工学の細胞遺伝学的観点からの安全性評価
吉澤 史昭 栄養素による体タンパク質合成制御に関する研究とアミノ酸の生体調節機能に関する研究を行なっております。

准教授

福井 えみ子 ウシの成長に関わる遺伝子と初期胚の発生速度に関する研究および野生動物の遺伝的多様性の歴年的変化について研究しています。
松本 浩道 哺乳動物の生殖機構を明らかにし、発生工学に貢献する。
青山 真人 家畜の様々なストレスについて研究しています。特に、輸送ストレスの研究をしています。

助教

佐藤 祐介 筋肉のサイズやタイプ(遅筋と速筋)の調節に関する研究

生物生産科学科 応用生物学コース

教授

金子 幸雄 遠縁間交雑による雑種の育成とその後代植物の利用
川崎 秀樹 昆虫の発育制御に関わる遺伝子調節領域と関与する転写因子の解析、変態の準備がどの様に行われるかの解析
夏秋 知英 植物に病気を引き起こすウイルスの研究。特にウイルスの遺伝子解析とワクチンを利用した防除技術の確立
村井 保 アザミウマやアブラムシ類など植物ウイルス病媒介昆虫の生態と関連する生物間相互作用に関する研究

准教授

岩永 将司 昆虫ウイルスのベクター化、及び感染増殖機構の解析
房 相佑 種・属間交雑によるアブラナ科近縁野生種の持つ有用形質の栽培種への導入
西川 尚志 栃木県が生産高日本一を誇るビール麦を実験材料として、植物が病気になる分子メカニズムを解析しています。

講師

高橋 滋 アブラムシの分類と生態について研究を行っています。すなわち、未記載種や日本未記録種の探索や生活史不明種の未知の部分の解明を試みています。

助教

香川 清彦 アブラムシ類の分類、生活環、多型性等に関する研究を行っている。

生物生産科学科 応用生物化学コース

教授

東 徳洋 生理活性をもつ乳タンパク質やペプチドに関する研究
上田 俊策 環境低負荷物質(特に生分解性高分子化合物)の微生物による生産と微生物・酵素による分解
羽生 直人 木質系バイオマスや多糖類の機能解析やそれらの高機能化による効率的な利用技術の開発をめざしています。
蕪山 由己人 アミノ酸や脂質など主要生体物質の酸化還元制御に関する研究
飯郷 雅之 体内時計、季節繁殖、回遊、摂食などの本能的脳機能を制御する分子機構の解明
橋本 啓 野菜のおいしさを作る「色」や「におい」に関係する成分の、調理・加工における変化を追っています。

准教授

二瓶 賢一 微生物や動植物がつくり出す天然分子の有機化学的研究を通して、人間社会の現在そして未来へ貢献する。
金野 尚武 バイオマスの中心は多糖類をはじめとする糖質です。糖質の中にはきのこ類のβグルガンのように生理活性を持つものも存在します。糖質、微生物(きのこ)また糖質関連酵素について研究し、バイオマスの高度利用技術を開発します。
前田 勇 有害化学物質を測定するバイオセンサー開発や微生物の光合成色素や脂質の代謝についての研究を行っています。

講師

山田 潔 食品には免疫系に作用し、アレルギーを軽減したり感染を防いだりする免疫調節機能があることがわかってきました。アレルギーを起こしにくい食品の開発や免疫の働きを強化する食品成分の研究をしています。
ページトップへ