HOME > 農学部について > 教員紹介 > 生物資源科学科 > 房 相佑
農学部について
農学部生物資源科学科・農学研究科生物生産科学専攻応用生物学講座
房 相佑

准教授

房 相佑

ばん さんうー

種・属間交雑によるアブラナ科近縁野生種の持つ有用形質の栽培種への導入について研究しています。

詳細はこちら

種属間交雑に基づくアブラナ科作物の雄性不稔系統の育成と細胞・分子遺伝学的解明

Fig.1-1.Cytogenetic, morphological and molecular characteristics of the novel CMS line of radish carrying B. maurorum cytoplasm.
Fig.1-2.Cytogenetic and morphological characteristics of the novel CMS line of chinese cabbage carrying D. erucoides cytoplasm.

アブラナ科植物の種・属間交雑を行い、雑種後代で生ずる受精前・後の様々な交雑不親和性の要因を解明するとともに、様々な雑種後代(合成複二倍体、異質細胞質系統および有用遺伝子導入系統など)を育成し、ダイコンやハクサイ、キャベツなど主要野菜において、種苗会社がより生産性の高い種子生産ができるように「雄性不稔系統」を育成しています(Fig.1-1およびFig.1-2)。また、生産農家の過剰な管理コストを削減するために根こぶ病およびべと病など病害虫に強いハクサイやキャベツ系統を育成しています(非公開)。更に、機能性の高い野菜を育成し、消費者の健康に寄与する研究を目指しています(非公開)。 

C3植物の光呼吸制御による光合成物質生産能力向上に関する研究

Fig. 2-1.Comparison of BSCs of M. arvensis, R. sativus and autoplasmic and alloplasmic DALs.
Fig. 2-2.Ultrastructure of BSCs of M. arvensis, R. sativus and and autoplasmic and alloplasmic DALs.

現在、C3植物(ハクサイ、ダイコンおよびキャベツ)にC3-C4中間型植物(Moricandia arvensis およびDiplotaxis tenuifolia)を交雑し、様々なゲノム合成をもつ系統やC3-C4植物の1および1対染色体を添加したC3植物系統を育成し、それらの光呼吸に関する生理学・組織学的特性を調査した結果、M. arvensisのもつ光呼吸に関する生理・組織的形質を制御する遺伝子は、‘b’ 染色体に座乗していることを明らかにしています(Fig. 2-1と2-2)。今後、C3植物の光呼吸を制御することで炭素固定能力を高め、光合成物質生産能力の高い作物の育成を目指しています。

文献リスト

  1. Plant Breeding (2011), 130, 410-412, Production and characterization of the novel CMS line of radish (Raphanus sativus) carrying Brassica maurorum cytoplasm, Bang S.W., K. Tsutsui, S.H. Shim and Y. Kaneko.
  2. Plant Breeding (2009), 128, 536-537, Production and characterization of an amphidiploids line between Brassica rapa and a wild relative Diplotaxis tenuifolia, Jeung, B.H., T. Saga, K. Okayasu, G. Hattori, Y. Kaneko and S.W. Bang.
  3. Plant Production Science (2009), 12, 70-79, Production of Raphanus sativus (C3)-Moricandia arvensis (C3-C4 intermediste) monosomic and disomic addition lines with each parental cytoplasmic background and their photorespiratory characteristics,Bang, S.W., O. Ueno, Y. Wada, S.K. Hong, Y. Kaneko and Y. Matsuzawa
ページトップへ