HOME > 農学部について > 教員紹介 > 生物資源科学科 > 金子 幸雄
農学部について
農学部生物資源科学科・農学研究科生物生産科学専攻応用生物学講座
金子 幸雄

教 授

金子 幸雄

かねこ ゆきお

遠縁間交雑による雑種の育成とその後代植物の利用について研究しています。

詳細はこちら

異種染色体添加型植物の育成と遺伝学的解析

異種細胞質ダイコン1染色体添加型ナタネの花の形態
TuMV抵抗性を示すf 添加型ダイコン(中)

植物育種学研究室では、アブラナ科植物を用いた種属間交雑を行い、多くの雑種植物を育成しています。また、その後代植物のうち、片方の親の1~2本の染色体を保有する植物(これを異種染色体添加型植物といいます)を作出しています。今までに、ダイコン、ナタネ、ハクサイ類、キャベツ類などに、他の栽培種はもとより野生種の染色体を導入した多くの植物を育成しています。さらに、これら添加型植物を用いて、染色体と細胞質との相互作用、異種染色体間の同祖性、耐病性形質の有無などについて、分子マーカーや細胞遺伝学的方法によって解析を進めています。

栃木県の伝統野菜――’鹿沼菜’復活と優良系統の育成

'鹿沼菜’から選抜した優良個体.A:Aタイプ,B:Bタイプ

栃木県鹿沼市には、古くから’鹿沼菜’と呼ばれるアブラナ科の野菜が知られていました。しかし、現在では、地元でもほとんど栽培されておらず、幻の野菜となっています。一方、鹿沼市では地元の特産野菜を模索していました。そこで、植物育種学研究室では、幻となった’鹿沼菜’の種子を収集しながら、その遺伝育種学的特性を調査するとともに、優良系統の育成を試みています。この研究は、栃木県上都賀農業振興事務所、鹿沼市、JAかみつが、鹿沼南高校、全農とちぎ、および生産者の方々と協力しながら進めています。

文献リスト

  1. Kaneko, Y., S. W. Bang, Y. Matsuzawa, 11 Distant Hybridization, In “Biology and Breeding of Crucifers” (ed.) S. K. Gupta, Taylor & Francis Group, New York, 207-247, 2009
  2. Akaba, M., Y. Kaneko, Y. Ito, Y. Nakata, S. W. Bang and Y. Matsuzawa, Production and characterization of Brassica napus-Raphanus sativus monosomic addition lines mediated by the synthetic amphidiploids “Raphanobrassica”, Breeding Sci., 59, 109-118, 2009
  3. Akaba, M., Y. Kaneko, K. Hatakeyama, M. Ishida, S. W. Bang and Y. Matsuzawa, Identification and evaluation of clubroot resistance of radish chromosome using a Brassica napus-Raphanus sativus monosomic addition line, Breeding Sci., 59, 109-118, 2009
ページトップへ