HOME > 農学部について > 教員紹介 > バイオサイエンス教育研究センター > 松田 勝
農学部について
バイオサイエンス教育研究センター・農学研究科生物生産科学専攻応用生物化学講座
松田 勝

教授

松田 勝

まつだ まさる

ほとんどの動物に雌雄は存在し、精巣を持つか卵巣を持つかという大きな違いがあります。この雌雄間のちがいはどのように生じるのでしょうか?メダカをモデルに雄雌差の生じるしくみを明らかにしたいと考えています。

詳細はこちら

メダカをモデルとした性差形成の分子機構解明

写真1-1.体色で性染色体型の分かるメダカ系統
写真1-2.遺伝子導入により性転換した性染色体型XXの雄

メダカの雄雌は遺伝的に決まります。精巣にも卵巣にも分化可能な未分化生殖腺が精巣になれば雄、卵巣になれば雌になります。本研究室では、遺伝学・発生生物学の手法を基礎に、未分化生殖腺の性差形成機構を遺伝子のレベルで明らかにしようとしています。雄はヒメダカ、雌はシロメダカの系統(写真1-1)を使って、性決定遺伝子を導入したメダカを作出したところ、本来雌になるはずのシロメダカが正常な雄に分化することがわかりました(写真1-2)。また、精巣形成に必須の遺伝子が働かないとXYでも雌になってしまうこともわかりました。特定の遺伝子が働かないとXXでも雄になるのでしょうか?これは現在取り組んでいる課題の一つです。

文献リスト

  1. Masuyama, H. et al. (2012) Dmrt1 mutation causes a male-to-female sex reversal after the sex determination by Dmy in the medaka. Chromosome Research, 20:163-176.
  2. Matsuda,M. et al. (2007) DMY gene induces male development in genetically female (XX) medaka fish. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104(10), 3865-3870.
  3. Matsuda, M. et al. (2002) DMY is a Y-specific DM-domain gene required for male development in the medaka fish. Nature, 417(6888), 559-563.
ページトップへ