HOME > 農学部について > 教員紹介 > 雑草と里山の科学教育研究センター
農学部について
教員紹介

雑草と里山の科学教育研究センター

教授

小笠原 勝 まず、他研究機関で殆ど取り上げられていない雑草を対象とすることを、研究の最大の特徴としています。また、生態生理学的な特性の解明にとどまらず(基礎研究)、常に雑草制御(応用研究)を目指している所を特色としています。

准教授

西尾 孝佳 「雑草」による人の生活圏への侵入様式と「雑草」本来の生存様式を調べ、防除すべきか、共存すべきかなど、私たち人間と「雑草」の関わり方について研究しています。
小寺 祐二 自然生態系の保全や野生動物と人の軋轢解消を目指す野生動物管理学に取り組んでいます。野生動物の生態学的分野だけではなく、人の意識など人文社会学的分野も研究対象です。

講師

閻 美芳 農山村に行くと、そこに木が植えてあったり、水田になったりしています。これらの景観は地域の「人々」が手を加えることによってできたものです。地域の人々の生活条件の変化に立ち向かう創造性を社会学の視点で研究しています。
ページトップへ