HOME > 農学部について > 教員紹介 > 雑草と里山の科学教育研究センター > 小笠原 勝
農学部について
雑草と里山の科学教育研究センター・農学研究科生物生産科学専攻応用生物学講座
小笠原 勝

教 授

小笠原 勝

おがさわら まさる

まず、他研究機関で殆ど取り上げられていない雑草を対象とすることを、研究の最大の特徴としています。また、生態生理学的な特性の解明にとどまらず(基礎研究)、常に雑草制御(応用研究)を目指している所を特色としています。

詳細はこちら

雑草の制御と利用に関する研究

ファイトレメディエーション研究の風景

当研究室では、以下に示す雑草の制御と利用に関する研究を行っている。制御研究では、除草剤の有効利用の基礎となる「除草剤の作用特性研究」や除草剤に替わる新たな制御資材を開発するための「紫外線を用いた防草技術の開発研究」、さらには資源循環型防草システムとしての「焼成焼却灰を活用した防草技術に関する研究」など、多角度から進めている。また、利用研究では、雑草を用いたカドミウム汚染土壌の修復研究を行っている。これらの研究の他にも、農耕地や芝地で問題となっている種々の雑草を取り上げ、それら雑草の環境適応性や繁殖戦略などの雑草性を解明するための生態学的な研究を行っている。

文献リスト

  1. Takuya Abe, Motohiro Fukami and Masaru Ogasawara(2011)Effect of hymexazole (3-hydroxy-5-methylisoxazole) on cadmium stress and accumulation in Japanese millet (Echinochloa frumentacea Link)Journal of Pesticide Science,36,48-52
  2. Ayumi Ohki, Takuya Abe and Masaru Ogasawara (2010) Morphologocal characteristics of Annual bluegrass (Poa annua L.) inflorescence derived from a putting green 芝草研究 39(1) 21-23
  3. 大木歩美・小笠原勝 ,ズメノカタビラの開花特性,芝草研究,38,145-150,2010
ページトップへ